スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

制度運用能力なき「憲法改正論」

JUGEMテーマ:ニュース


 憲法改正…それは間違いなくこの国をかつての不幸な時間へといざなう破滅の道標となる。

 
 そう言い切れる理由は、皆さんがみてきたこの日本という国の状態が示している。

 
 行政の不手際で起こった問題を「制度が追いついていない」と言っては変えられてきた…それが正にこの日本の劣化の理由なのである。

 
 そう。
 


 運用者の責任を問う話はかき消されてきた
 
 

 
 制度…

 
 別名「システム」と言い換えても良いし「機構」「ロジック」「プログラム」と呼んでも良いが、この中でも人為から離れて電源を入れている限り稼働し続けるオートマチックなものは、日本人はおおむね得意である。
 

 それがために、初期の家電製品は世界を席巻した。
 


 だが、人の社会制度はそうは行かない
 


 制度の意思を達成するには「制度を守る意思・勇気」が居るのである。
 
 
 
 かつて時の法務大臣・鳩山邦夫という馬鹿が「死刑判決が出たら自動的に死刑が執行されるべき」等とほざいた時期があった。

 
 今でもそういう輩は居るかもしれない。

 
 現状では「えん罪」で死刑を言い渡した裁判官の愚行を唯一止められるのは最高裁長官でもなければ、検事総長でも総理大臣でもない。

 
 法務大臣なのである。


  
 
 その法務大臣が国民の生命云々よりも死刑が執行されるたびに話題になることを嫌がってか「自動的に執行」等とほざいた。
 

 
 かつて、制度には魂が込められていた。

 
 人命に対する最大の敬意…

 
 神ならぬ人が、己の限界を噛みしめる為の猶予…
 

 それが、法務大臣が死刑執行にGOサインを出さなければ死刑は執行できない最大にして揺るがざる理由なのである。
 

 そこへの議論もそこそこに「自動的に」等と言った。
 


 
 一方…

 
 公害という「実害」を引き起こした者達に「自動的」に死刑は執行されない。
 

 無論、それを放置した行政機構、そしてそれを門前払いか、時間稼ぎに協力して無念の死に至らしめた司法機関の中で、責任をとって「自動的に」死刑になった者も居ない。

 
 まして政治家に至っては民意の代弁者たるべきはずなのに、一部の産業界のために(自分に投票してくれる者のためだけに?)沈黙を決め込んでいた。
 



 
 日本の憲法を頂点としてあらゆる諸制度は国民を守るためにあったし、今もあり続ける。
 

 だが、運用者にはその気持ちがない。
 

 言い訳代わりに「制度が追いついていない」といって己の責任を回避しようとする。
 


 
 
 口を開けば「国を守る」と言う政治家どもが居るが、その政治家どもが所属する党が公害発生の責任者を弾劾したり、産業界にブレーキを掛けたということは全く耳にしたことはない。
 

 ましてやこの杜撰原発を野放しにしてまだ「再稼働ありき」の結論をやっているのである。
 

 彼らを愛国者のように持ち上げる馬鹿に問いたい。
 

 彼らは何時公害で苦しんでいる人々に手をさしのべたか?
 

 中国や韓国・北朝鮮と対決姿勢を露わにして、自国のことも顧みない連中のどこが愛国者か?
 

 この連中を愛国者と讃える馬鹿どもよ。
 

 お前はこの連中に愛されているとでも思っているのか? 
 
 


 
 憲法によって国民の生命財産を守るためにテクノクラートを集めることを許されたはずの行政、その仕事ぶりを監視する政治、司法、マスゴミどもは、職務怠慢どころか、一緒になって八百長と屁理屈によって国民をだまし続けてきた…
 

 それが日本の歴史なのである。
 

 端的に言って、運用者に「国民を守る」という運用意思が無いのである。
 


 
 
 制度の中で最高の権威である日本国憲法。

 
 それがアメリカ製であっても、今「改憲」を叫んでいる輩に「国民を守る」という運用意思が無いことは明らかであり、…
 

 改正しようという憲法の内容は、アメリカ製以上に「人権無視」の内容になるのである。
 

 とすれば…
 

 改正された日本国憲法の下で「人権」を守る根拠規定は、…
 

 たとえそれが条文の中に文言があったとしても…
 

 今がこの状態であることから分かるように、徹底的に無視されることは必至である。
 


 

 アメリカ製だからダメだ!と叫ぶ連中に、アメリカが静かなのは何故か?
 

 「安全保障のために原発を再稼働する必要がある」「日本は核を保有すべき」等という言動に対して、あれほど北朝鮮に噛みつくアメリカは何故静かなのか?
 

 それは、中国における北朝鮮の様に、日本をアメリカの都合の良い手駒として使い勝手が良いようにする為である。
 


 しかも石原慎太郎などのアジテーターの言動・マスゴミの扇動によっておかしなナショナリズムを振りかざす連中は、揃いも揃って「愛国心」という安手の宗教であなた方を戦場に駆り立てようとしている。

 
 「愛国心」など一度たりとも発揮したことのない者が…である。



 それで貴方は自分だけは生き残れるとでも思っているのか?
 
 

 
 日本は現状でも制度の意思を踏みにじって「最低」の運用能力で国家を劣化させてきた。
 

 その劣化した日本が、人権の砦である憲法を改正すれば、石原慎太郎の言うように日本の自我を振りかざせると思っているらしいが、…仮に本当にそういう事になれば、それは北朝鮮がたどってきた道を日本が行くことになる。
 
 

 北朝鮮を批判しながら、何故真似をしたがる?
 

 
 下品なちんぴら国家の真似をしようという連中がそんなに魅力的か?
 
 
 


 無能の鑑といってもよい自民党・公明党が主導して劣化させてきた今の日本が憲法を改正すれば、アメリカの戦争荷担要求をはね除けて「いえ、日本の防衛以外では戦いません」等と言うわけがない。
 

 アメリカに作られた正義が如何に偽物か分かっていても、時の民主党代表・小沢一郎の様に、密室外交でではない形ではねつける事は、万に一つも起こりえない。
 

 貴方は安い愛国心で買いたたかれて終わる。
 

 貴方にどんな夢があろうと、どんな事情があろうと全く関係ない。
 

 
 
 今の日本は戦後最悪の状態である事を認識している者にとっては「こんな国は壊れてしまって構わない」という程のものであろう。


 しかし、「壊れて」しまった後に、国民を愛する新生日本が誕生するか?
 

 答えは「否」である。
 


 
 
 傀儡政権以外の存在を許さないアメリカが、今よりマシな日本をアメリカの都合によらずに許容することは無い。
 

 一時の気散じのために「どうにでもなれ」とやったが最後…
 

 貴方は事実上「死ぬ」。


 
 
 
 つまり、貴方の愛する恋人は戦場に送られ、資産は狡猾に奪われ、使役され、或いはレイプされる。
  

 そして、誰も咎められない。

 
 嘘だと思うか?
 

 日本人女性が米兵にレイプされても、日本人から「当然の結果だ」みたいな話が「今」ですら出るのだ。
 

 似非愛国者達がそれを抗議したという話は無い。
 
  


 
 人として死にたければ、参議院選挙で憲法改正を推進・容認する自民、公明、維新、みんなの党、民主に議席を与えてはならない。

 
 公明党は違う?


 まだそんなことを言っているのか…


 自民党の嘘を見抜けない(どころか、実際は知ってて知らぬフリをし、抵抗して見せるという茶番を演じるだけ)連中をいつまで信じているのか?



 犬として死にたければ、憲法改正推進・容認する政党に参議院選挙で議席を与えればよい。
 

 最もみじめで二進も三進も行かない社会をいとも簡単に作ってくれる事だろう。

 

 消費税の軽減税率?
 

 それ以前に安全な食料を、手が届く価格で手に入れられるかな?

 



マイノリティー不安への作為 〜読売の「世論操作」〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 自民19%、民主・維新13%…衆院比例投票先

 読売新聞社は11月30日〜12月2日に衆院選の第2回継続全国世論調査(電話方式)を実施した。衆院比例選の投票先について政党名を読み上げて聞いたところ、自民党が19%でトップとなり、民主党と日本維新の会が各13%で続いた。

 無党派層は49%となお半数に近く、有権者が政党支持に迷っている状況が続いている。

 比例選投票先で自民は前回の第1回調査(11月23〜25日)に続いてトップを維持したが、挙名率は6ポイント下がった。前回3番目だった民主は維新の会と並んだ。先行する自民を民主、維新の会が一進一退で追う構図となっている。

 「卒原発」を掲げて新たに発足した日本未来の党は5%にとどまった。前回の「国民の生活が第一」と「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」との合計は3%で、支持の広がりはみられない。みんなの党は5%(前回2%)に伸ばした。

 投票先で自民が下がった背景には、安倍総裁が訴える金融、外交・安全保障政策に説明不足との批判が出ていることなどがあるとみられる。第3極の政党も伸び悩み、民主が相対的に盛り返した格好だ。

 小選挙区での投票先は、自民22%(前回27%)、民主13%(同9%)、維新の会12%(同14%)などの順。

 未来の党に「期待しない」との回答は70%に上った。
 
 
読売新聞 平成24年12月2日 より全文引用




意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



マスゴミの「ぶれ感演出方法」とそれに食いつく橋下徹

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 嘉田氏、原発再稼働容認発言を修正


 日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事は1日午後、原発再稼働について「今の時点で困難だし、必要性もない」と記者団に語った。午前中のテレビ番組で条件を満たせば再稼働を容認する可能性を示唆したが、発言を修正した。

 嘉田氏は番組で「原子力規制委員会が安全性を担保し、必要という判断を政府がした場合には再稼働になる」と述べた。嘉田氏は「手続きの説明をした。誤解を与えたとしたらおわびしたい」と釈明した。

 また、野田政権が再稼働した関西電力大飯3、4号機(福井県おおい町)についても「動かしたまま活断層の調査をするのは大変危険。選挙できちんと信頼を得たら、止める方向で動きたい」と語った。


朝日新聞 平成24年12月1日 より全文引用



意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



暗君を絵に描いたら「菅直人」

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 「小沢氏実権握れば破綻」 日本未来に菅前首相

 民主党の菅直人前首相は28日、自身のブログで、滋賀県の嘉田由紀子知事が結成した「日本未来の党」について「嘉田さんは本物の環境派だが、党の実権を小沢(一郎元民主党代表)さんが握る構造は必ず破綻する」と指摘した。同党内が二重権力構造となり党運営に支障を来すとの認識があるとみられる。

 同時に日本未来が脱原発を掲げ衆院選争点とする姿勢について歓迎の意向を表明。「民主党がこれまで進めてきた『原発ゼロ』への政策努力をもっと伝えなくてはならない」と強調した。

(共同)

東京新聞 平成24年11月29日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



ほくそ笑む読売? 或いは 闘う嘉田?

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 「小沢新党」にならない仕組み埋め込む…嘉田氏

 衆院選(12月4日公示―16日投開票)で、「第3極」のうち脱原発を掲げる勢力が結集する「日本にっぽん未来の党」は28日、政党の設立を総務相に届け出た。

 代表に就任する滋賀県の嘉田由紀子知事は12月2日に記者会見し、同党の公認候補や役員人事を発表する。100人規模の公認候補擁立を目指す。

 嘉田氏は28日、大津市で記者団に対し、公認候補者数について「今のところ73〜74人と理解している」と語った。

 嘉田氏は近く上京し、未来の党に合流する「国民の生活が第一」の小沢一郎代表と会談、今後の党運営について協議する。

 未来の党を巡っては、自民党などが「実態は小沢新党だ」と批判している。これに対し、嘉田氏は28日、「そうならないように、女性や若者などの声を反映できるような仕組みを党の中に埋め込んでいきたい」と記者団に強調した。小沢氏は未来の党の役員には就かない見通しだ。
 
 
読売新聞 平成24年11月28日 より全文引用




◎ 「言われる筋合いない」 「小沢新党」批判で嘉田氏

 卒原発を掲げる「日本未来の党」が発足したことを受け、党首となる滋賀県の嘉田由紀子知事は28日夕、大津市内で「大変重い責任があり、身が引き締まる思い」と述べ、候補者擁立を急ぐ考えを示した。「小沢新党」と他党から批判された点については「外から言われる筋合いはない」と切り捨てた。

 党役員人事での小沢氏の処遇については、「今までのご経験は尊重させていただかないといけない。小沢さんの良い部分を発揮していただけるような形でこれから議論したい」と述べた。「プラスかマイナスか」との問いには、「そういう短絡的な話ではない」と語気を強めた。

 原発政策では、関西電力大飯原発以外の再稼働については、「新しい安全基準ができない今の段階での再稼働はあり得ない」と認めない考えを示した。


京都新聞 平成24年11月28日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします




続きを読む >>
Check