スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

凡人へ

JUGEMテーマ:ニュース


 凡人・只の人が己の無能さを省みず、空疎なくせに威勢ばかりが良く、尚かつ傲岸になった事はかつて無い程ではないだろうか?…と特に思う今日この頃。
 
 それは、TVや新聞の報道やコメンテーターらの「如何にも尤もらしい言い回しではあるが、中身空っぽ」のコメントをそのまま凡人・只の人が如何にも「自分の意見」であるかの様に振りかざし、或いは引用し、鼻高々で居て、しかもそれが「万人が納得するもの」という前提の下に自慢げに話している(或いは書き込んでいる)のを目撃する時である。

 恐らくだが、自分の意見(=自身の持つべき価値判断基準を持ち、当該事象・事件をその基準を元に精査した後に出てくる己の回答)は持っていないが、尊敬はされたいのだろう。
 
 だから、ただ「賢そうな人」「立派そうに見える人」「なんだか権威がありそうな人」の意見に迎合しておけば、自分があたかもそういう人々と同一化できる様な錯覚を覚える。
 
 特に情報番組(と称する情報「操作」番組)の中で、あるコメンテーターの発言によって周囲が「ごもっとも」という雰囲気になって話が締められる場面を見て「これを言えば同じようにごもっともと周囲の同意を得られ、かつ頭が良さそうに見える」とでも思うのかも知れない。
  
 そういう風に思い描いた「賢人・オレ」像を具現化する為に、あっちこっちで似非賢人達の中身のない、勢いだけの「茶番(番組・記事)」を真似てみたくなる。
 
 自分に自信はないが「あの人の真似をすれば、何だか立派に見えるかも知れない」という一種の承認欲求ではないか?…と私は思っている。
 
 

 無論、己が納得ずくで導き出した答えではないので、自分の意見を持った者に突っ込まれるとひとたまりもない。
 
 だが、そのひとたまりもない「ザマ」を露呈してしまうと「空っぽさ」を見透かされるのを怖れ、狼狽える。
 
 その狼狽えを隠す為に更なる墓穴を掘る。
 
 
 
 例えば「実は原発は安全保障の為に必要なんです」と。
 
 
 
 テメエで勝手に自爆・自滅してれば世話ないわ…
 
 
 
 …と普通ならば鼻で嗤うところだが、己の感覚に自信が無く、勉強(迎合)癖がついている人は、実にあっさりとTVや新聞の作る論調に自ら擦り寄っていくのである。
 
 そして最後には、自分の空疎すぎる「意見」とも言えない迎合に従わない人々を「愚民」呼ばわりしたり、「大衆迎合は良くない」などとやりだす。
 
 
 はい?
 
 あなたも立派にその「大衆」なんですが?
 
 
 
 己がいつの間にかその「大衆」から離れて「賢人クラブ」の仲間入りをしていると錯覚しているので「大衆迎合」という言葉に若干の違和感を感じてはいても、目を覚まそうとまでは思わない…
 
 それが日本人の「迎合」による自滅である。
 
 特にそれが酷いのはマスコミである。
 
 
 
 人はよく接する人に親しみが生じて影響を受けやすい。
 
 情が移る…という事もそれに拍車を掛ける。
 
 それは一個人として決して「悪」とは言い難い。
 
 だが、記者として「情報」を手がける人間にとってそれは「罪」である。
 
 情報源に「同化」してしまうのは、TV番組内で「いかにもそれは正論であり、かつ正されるべき憂慮すべき問題である」という「茶番」に取り込まれた凡人・只の人と同じだからだ。
 
 
 
 結局…
 
 日本人は「自身(自信)」が無い。
 
 しかし、尊敬はされたい。
 
 その実態とかけ離れた「虚像」を手に入れる為に、昨今、おかしな「団結」を求めたり、政権与党と約束した「公約」を反故にすることを「是」とする事が「正しい」とする意味不明の論調をばらまいているのだと私は理解している。
 
 己の過ちを「数の力」で道理を引っ込めさせて無理を通そうとしている…という訳である。
 
 
 だが、そんな事をやっていても、根本的な問題は何一つ解決しない。
 
 
 年金問題は一つも解決していないし、福島第一原発は今も危険。
 
 司法は腐りきっている事が明らかになったし、国民のために闘う政治家の勢力は(今のところ)少数である事が明白になった。
 
 端的に言って、結局「お前が信用できない」という国になった。
 
 
 
 凡人よ。
 
 テストで上手く回答が書ける能力ばかりが発達し、己のミスを「ミス」を見えないように「情報操作」するという狡猾さ「だけ」を身につけた凡人よ。
 
 そういう「作られた多数意見」に迎合する事で、己を「賢人(≠大衆)」に見えるように虚像の中で尊敬を得ようとするさもしい凡人よ。
 
 己の能力にあわせて慎ましやかに「じっくり」と様々な意見を比較せよ。
 
 凡人は、レスポンス良く「なるほど」と思えるような回答を出す必要はないのだ。
 
 凡人よ。
 
 賢人を「偽装」するのは止めよ。
 
 「公益」の為に「責任を負うフリ」をするのは止めよ。
 
 英雄を「偽装」するのは止めよ。
 
 ミサイル一発で粉みじんになる己を想像せずに、マンガに出てきそうな無双・不死身の「オレ」を想定し、やたらと他国に喧嘩を売るような馬鹿な真似は止めよ。
 

 あなた方の行動は全て「破廉恥」に相当する。
 
 凡人は凡人らしく「違和感」を覚えたら立ち止まれ。
 
 私と一緒に立ち止まれ。
 
 
 
 おかしな「たちあが」りは必要ない。
 
 ただ、立ち止まって耳を澄ませばよい。


 
  
注)『当ブログの投稿ポリシー 

それは本当に事件だったのか? 〜鈴木宗男氏、最高裁で上告棄却〜

JUGEMテーマ:インターネット


◎ 鈴木宗男衆院議員、実刑確定へ…近く収監


 林野庁の行政処分や北海道開発局の工事を巡る不正口利き事件で計1100万円のわいろを受け取ったなどとして、あっせん収賄や受託収賄など四つの罪に問われた鈴木宗男衆院議員(62)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は鈴木被告の上告を棄却する決定をした。

 決定は7日付。懲役2年、追徴金1100万円とした1、2審判決が確定する。鈴木被告は、公職選挙法と国会法の規定により失職し、近く収監される。

 実刑確定による国会議員の失職は、ゼネコン汚職事件であっせん収賄罪に問われ実刑が確定し服役した中村喜四郎衆院議員(61)以来、4人目。

 1、2審判決によると、鈴木被告は官房副長官だった1998年8月、入札参加資格停止処分を受けていた製材会社「やまりん」(北海道帯広市)から、行政処分の終了後に有利な契約が得られるよう林野庁への働きかけを依頼され、現金500万円を受領。北海道開発庁(当時)長官だった97〜98年には、「島田建設」(網走市)から、北海道開発局発注の工事を受注できるよう便宜を図った見返りに現金計600万円を受け取るなどした。

 
読売新聞 平成22年9月8日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



【警告】

悪意のアクセス

JUGEMテーマ:インターネット


§ アダルトDVD販売サイト管理者へ


 複数の(しかし管理主体が同一と見られる様な)アダルトDVD販売サイト(以下単に「エロサイト」と呼ぶ)から私のブログに「意図して」とんできている輩が居ます。
 
 ※上記画像はITギアのアクセス解析結果です。
 
 これは私のブログへのリンクをエロサイトに埋め込んでいなければ出来ない「来方」だと考えられます。
 
 ただ、無関係の一般人がこのエロサイトを通じて来た人間は居ない模様で、恐らくこのエロサイトの管理主体(単独か複数かは不明という意味)がこの様な行動に出ているものと推察される。
 
 このエロサイトと当ブログを何らかの関連性が有るが如く見せ掛ける意図があるのだろうか?
 
 或いは、根暗な嫌がらせか?
 
 何れにしても、不愉快この上ない。
 
 
 警告する
 
 
 エロサイト等に当ブログがリンク(それが明示的であれ黙示的であれ)される事は極めて不愉快である。
 
 それが明示的、或いは一般市民をしてその様な目に遭わせる事で「このエロサイトとあのブログは関係があるのか?」と思わせる様な行動は、立派に「不法行為」である。
 
 従って、何らかの被害が確認されればエロサイト側に警告することなく「直に」司法当局に対して被害届を出すのであしからず
 

・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・


§ 弁明の機会は与えない


 何故弁明の機会を与えないか?
 
 それは、このエロサイトが私から抗議を受ける事を期待しているとも考えられるからだ。
 
 私からの「抗議」をメール等から受ける事を意図して挑発し、メールアドレスを知ったなら、そのメールアドレスを通じて嫌がらせする事が考えられる。
 
 私はその様な胡散臭い連中と関わり合いたくはないので、直接関わり合う事はしない。


・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・


§ 男性生活 というサイトへの警告
 
 
 似たような事は「男性生活」というサイトからも似た様な事がなされている。

 エロサイトではなくリンク集の様だが、こちらは一般市民の少なくない人数が当ブログに飛ばされてきている。
 
 今までその事に気づいていたが、意図が分からない。
 
 だから ※意図せずしてこのブログに来た方へ というのをブログ記事毎に明記しているのだが、不愉快にも飛ばされて来た一般市民はその文面を読んでいないに違いない。
 
 不愉快レベルはエロサイト程ではないにしても、何らかの関連性があると思われるのは迷惑至極
 
 
 警告する
 
 
 「男性生活」というサイトで被害にあった等によって、その影響が当ブログに何らかの形で及んだ事が認められれば、この場合も直に「男性生活」側に警告することなく「直に」司法当局に対して被害届を出すのであしからず
 
 
 
 以上。
 
 
平成21年4月18日(土) 
ブログ管理者 あすろん1へるつ