スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

政治家としての器量 〜参院選 静岡選挙区〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎参院選’10静岡:党本部に逆らい兵糧攻め? 牧野・民主県連会長が明かす /静岡

◇民主現職・藤本氏のパーティーで

 民主党県連の牧野聖修会長は23日、夏の参院選静岡選挙区(改選数2)に同党が公認擁立を決めている現職、藤本祐司氏(53)について「党本部から『公認料を含め選挙資金を一切出さない』と言われた」と明かした。佐藤泰介・党財務委員長から「党本部の言うことを聞かない県連へのペナルティーだ」と伝えられ、県連の活動費も止めると告げられたという。牧野氏は「理屈が通らない」と怒りをあらわにし、その後、記者団に「小沢一郎幹事長の意向だろう」との見方を示した。

 牧野氏の発言は同日、静岡市内で開かれた藤本氏のパーティーでのあいさつで飛び出した。県連は小沢氏が4月、同選挙区に2人目の公認擁立を決めたことに反発。2人目の新人、中本奈緒子氏(30)を支援しない方針を決めた。党が公認候補に公認料まで支給しないとすれば異例だが、牧野氏が選挙前に「内紛」を公然と明かすのも異例で、尾を引く党内の対立を浮き彫りにした。

 牧野氏はあいさつで、佐藤氏から5日ほど前、電話で「選挙資金を切られたくないなら小沢幹事長に謝りに行くように」とも伝えられたと説明した。牧野氏はその後、記者団に、公認料などが月内に届かない場合、小沢氏に直接ただす考えを示した。

 藤本氏は記者団に「小沢氏がそういう指示を実際にしているのか断定できない」と述べたが、再選を目指す当選同期組が党から既に計700万円の選挙活動費を受けた一方、藤本氏には3月に100万円を支給されてから支援がないと説明した。【平林由梨】
 
毎日新聞 平成22年5月24日 より全文引用




◎民主、2人擁立反対に罰? 静岡の藤本氏への資金ストップ


 参院選の静岡選挙区で再選を目指す民主党の藤本祐司参院議員の選挙活動費が党側から減らされているとされる問題で、党執行部と静岡県連の対立が激しくなっている。

 問題視されているのは、藤本氏の当選同期が党から計700万円の活動費を受ける一方、藤本氏には100万円しか支給されていない点。2人区に2人の候補を擁立する小沢氏の方針に抵抗した県連へのペナルティーとの見方が広がっている。

 同県連の牧野聖修会長は23日、記者団に「県連が気に入らないから資金を出さないのはおかしい」と訴えた。一方、小沢一郎幹事長は24日の記者会見で、支給カットの真偽について「言う必要も理由もない」と否定せず、「資金については最終的に私の判断を基礎に党財務委員長と決定している」と語った。
 
日本経済新聞 平成22年5月24日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



続きを読む >>

客観評価という「空論」 〜国家公務員人事改革案〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎人事に『好み』反映も 公務員法案 客観評価基準に難しさ


 中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」の設置を柱とする国家公務員法改正案が十九日、閣議決定された。首相官邸主導で官僚の政治任用を強化し、弾力的な人事配置の実現が狙いだが、官僚からは恣意(しい)的な運用を危惧(きぐ)する声も漏れてくる。

 法案は、官僚トップの事務次官から部長級までを「同格」とみなした上で、各省庁の横断的な幹部候補者名簿を作成する内容。人事権を持つ閣僚が、首相や官房長官らと協議した上で、名簿の中から省庁横断的に次官や局長を選ぶ。次官から部長への降格や、部長から次官への登用も可能になる。

 これまでの各府省の幹部人事は、事務次官が中心になって年功序列で人選を固め、閣僚が追認するのが実態だった。

 法案の目的は、官僚主導の温床ともいえる慣例を改め、各省人事を名実ともに政治主導にすることだ。

 逆に言えば、時の政権や閣僚の「好み」で人事が左右される懸念もある。

 新人事制度のまな板に載せられる官僚には「降格させられたら辞める」(事務次官)「政治家の好き嫌いで人事が決まるようだと、八方美人だけが重用される」(中堅)と警戒する声が強い。

 制度の乱用を防止するには、客観的な人事評価基準が重要となる。官僚が幹部候補者名簿に登録されるためには、内閣が実施する適格性審査を通過しなければならない。審査や人事評価の基準は、法案成立後に新設される内閣人事局が詰める予定で、現時点では明確ではない。

 ある省庁幹部は「実績主義の評価をすると、目立つ仕事をしたがる職員が増える。裏方の調整や地道な研究が評価されなくなれば、組織としての体力が弱る」と、人事基準策定の難しさを指摘する。 

  (上坂修子)

東京新聞 平成22年2月20日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



就活生へ贈る言葉 〜大人は「馬鹿」と思え〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎新卒面接で「人格欠落人間だな」 不況下で企業は高飛車なのか?


 面接官からの言葉に傷ついている――。就活の時の憤りを書き込んだこうした記述が、ネット上で話題になっている。この不況下、企業側は採用者数を絞り込むために高飛車になっているのだろうか。

■「圧迫面接」で理不尽さへの対応を見ている?

 話題になっているのは、読売新聞が運営する人気掲示板サイト「発言小町」に2009年4月17日に掲載された意見だ。「面接官からの言葉に傷ついています」と題した記事によると、就活中だという投稿者は面接時、web性格診断の結果を見ながらこう言われたという。

  「田舎の秀才に多い自意識過剰の高飛車女だな」
  「何でもできると思っているんだろう。自信満々だな」
  「生涯賃金三億払う価値無い」
  「人格欠落人間だな」

 この女性は面接途中で泣きそうになったとこぼす。web性格診断はそれほど正確なのか。面接官は厳しいことを言われたときの対応を見ていただけなのか。こう邪推するのは自分の社会性の乏しさから来る不満なのか――ひどく気にしているようだ。

 これに対して、コメント欄では大きく分けて(1)面接官はひどい、失礼だ(2)「圧迫面接」のため、理不尽さにも対応できるかを見ている――概ねこのどちらかだ。もっとも、学生の打たれ弱さを指摘する声もある。どちらにしろ、深く気にしたり、必要以上に落ち込んだりする必要はない、軽く受け流そう……そんな励ましが寄せられた。

 だが、「今は買い手市場なので、企業側は高飛車です」という書き込みもある。この不況下、企業側も採用数を絞っていて、本当に欲しい人材だけを選ぶ。そのため、高飛車になっているのでは、という見方だ。書き込んだ人はこう続けている。

 「いわゆるオジサン層は、言葉を非常に無神経に使います。冗談でも、注意でも。就職して、それにイチイチ傷ついたの、訴えるだの言われてはたまりません。なので、面接でイジメてみて、ヘコたれない人を採用したいのです」「適当にいなす(スルーってやつ?)ことも覚えたほうがいいと思われます」
 

■中には面接官の態度に「キレ」てしまった人も

 こうした圧迫面接に対する不信は、Q&Aサイトの「ヤフー知恵袋」にも書き込まれていた。「今の就職活動って買い手市場ということもあって、面接は圧迫的なんですか?? 」(2009/4/12)と書き込んだある会社員は、がっくりと肩を落として帰る学生に同情。「私が就活時、圧迫的だったり意地悪さを感じた企業は今でも覚えてるし、内定もらっても良いイメージは持てませんでした」と書いている。

 また、「君たちはゆとり教育だから、どこの会社の人事もいらない」と言われたとか、人を小馬鹿にするような態度には腹が立ち「自分の存在を全否定された気分でした」などと述べるものもあった。中には、売り言葉に買い言葉、面接官の態度に「キレ」てしまったという人までいた。

 就職生のための就活情報サイト「就活ブレイキングニュース」の代表・田中匠身さんは、「前年との単純な比較はできないが、学生さんの話を聞いていると、圧迫面接の話題が増えているように感じる」と話す。

  「圧迫面接で企業側はストレス耐性をみています。採用者数が絞られている現状では、少ない採用人数の中でミスが許されない――ストレス耐性を見極めることは最重要ポイントなのです。また、入社後のミスマッチを減らしたいこともあり、打たれ強い人を求めています。その見極めのために、圧迫面接が広く用いられているのでしょう。しかし、それにしても人格否定まではやりすぎのように思います」

 もっとも、田中さん自身は「圧迫面接は好ましくない」と考えている。中途採用では圧迫面接はない。新卒に関しては企業側が圧倒的に強く、両社の関係は正常ではないと指摘している。


J−CASTニュース 平成21年4月20日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします




続きを読む >>