スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

馬鹿官僚の仕事 〜観光地「満足度」格付け〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎観光地の「満足度」格付け=評価手法など検討へ−09年度に観光庁


 観光庁は5日、観光地に対する旅行者の「満足度」を全国統一の基準で評価する仕組みづくりに2009年度から乗り出す方針を決めた。観光地の魅力アップに役立つよう、客観的で分かりやすい評価手法を確立する。宿泊施設や交通アクセス面での評価を基に、全国の観光地を格付けする制度の構築も視野に入れている。同年度予算概算要求に調査費を計上した。 

時事通信社 平成20年10月5日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ 

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



続きを読む >>

朝令暮改に泣くタクシー運転手 〜タクシー台数再規制〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎タクシー台数を再規制へ、規制緩和による供給過剰に歯止め

 国土交通省は2日、2002年の規制緩和で生じたタクシーの供給過剰に歯止めをかけるため、地域の実情に応じて新規参入や増車を再規制する方針を明らかにした。

 過当競争でタクシー会社の収益が悪化、運転手の収入減や事故増加といった弊害が目立つためだ。3日の作業部会で規制案を示し、年内に結論を得たうえで年明けの通常国会に道路運送法の改正案を提出する考えだ。

 規制案は、タクシー台数が増えている地域を対象に事前審査を厳格化し、新規参入や増車数を制限するなど緩やかな「需給調整」を行うことが柱だ。

 新制度は供給過剰の度合いに応じ、全国を〈1〉過剰が深刻な地域〈2〉過剰と見られる地域〈3〉問題のない地域−−に3区分する。過剰が深刻な地域では減車を促す。それ以外の二つの区分は悪質業者の排除や運転手が過酷な労働を強いられない規制を設ける方針だ。

 法令違反を繰り返したり、運転手の待遇改善を実施しないタクシー会社には、減車を命じる新たな行政処分の導入も検討する。

読売新聞 平成20年7月3日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ


喜ぶ政府与党と財政当局 〜ガソリン卸値10円超値上げへ〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ガソリン卸値、10円超上げへ=170円突破も視野−石油元売り

 史上最高値を更新し続ける原油価格の騰勢を受け、新日本石油など石油元売り各社が、6月1日からガソリン卸値を大幅に引き上げる見通しとなった。引き上げ幅は軒並み1リットル当たり10円以上と、1カ月間の卸値としては過去最大規模になるのは確実。これにより全国平均のガソリン店頭価格は、1987年の統計開始以来初の「170円超え」が視野に入ってきた。 

時事通信 平成20年5月24日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ


続きを読む >>