スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 自民党議員の「証明」 〜丸川珠代の事務所経費〜 | main | 批判されない「無投票再選」 〜公明党代表選〜 >>

イナゴ都市 東京 〜口利き都議と献金企業〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎<新銀行東京>融資口利きの都議ら、8社から献金164万円

 東京都が出資して設立した新銀行東京(新宿区)に対し、都議らが融資の口利きをした企業から政治献金を受けていた問題で、07年にも衆院議員や都議ら計7人が代表を務める政党支部や後援会が、融資の相談を受けた計8社から計164万円の献金を受け取っていたことが分かった。うち5社は融資が実行されたことも判明。いずれの議員も「見返り」ではないと説明しているが、新銀行への政治的介入の実態解明を求める声が上がっている。

 都選挙管理委員会が17日公表した07年分の政治資金収支報告書や関係者の証言などによると、献金を受けたのは▽自民党の衆院議員1人、前都議の区長1人、都議3人▽民主党の都議1人▽公明党の都議1人。計8社から3万〜52万円の献金を受けた。うち自民党の衆院議員と都議2人は04〜06年にも、同じ企業から33万〜132万円の献金を受けた。

 07年に都内の不動産管理会社から計52万円の献金を受けた自民党都議は、新銀行側に同社が受けている融資の条件を緩和するよう口利きしたことを認めたうえで、「お金を借りようとしている人から見返りをもらうなんて論外。苦労をしている人に政治家として精いっぱいのことをしたまで」と献金との関連を否定している

 前自民党都議の区長は07年5月、融資の相談を受けた電機関連会社から、自ら代表を務める党支部に3万円の献金を受けた。同社は融資を受けたが、区長は「通常の都政相談の一つとして窓口を紹介しただけ」と説明。同4月、公明党都議が代表を務める党支部に20万円を献金した都内の飲食業者は「相談はしたが融資は受けられなかった。公明党を支持しており、献金は陣中見舞い。融資と関係ない」と話している。

 新銀行東京総合企画部は「どこからの融資の紹介でも厳正な審査をしている。政治献金問題は了知していない」とコメント。岩井奉信・日本大教授(政治学)は「不正かどうかは別にして、こうした献金は口利きとのつながりを連想せざるを得ない。新銀行東京の経営危機にこうした政治的介入も寄与したとすれば、事実関係を解明すべきだ」と指摘している。


毎日新聞 平成20年9月17日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ 

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 政治家が「具体的」にどの様に見られているか?・・・という問題は、「具体的に接する行為」により明らかになる。
 
 本来「融資」を受けたければ「直接」新銀行東京の融資窓口に行けばよいのである。
 
 だが、彼らは「都議」に融資の相談をした。
 
 「都議」はその相談を受けた。
 
 これが「事実」である。
 
 
 「それ以前」か「その時」か「その後」かは分からないが「献金」はしている。
 
 「融資」して欲しいほどの企業が・・・だ。
 
 「苦労をしている人に政治家として精いっぱいのことをしたまで」と開き直る議員が居るらしいが、そこまで「苦労」が偲ばれるのであれば「何故」献金を受けたのか?
 
 
 要するに「都議(及び国会議員)に口利きして貰えば、融資条件が緩和されるかも知れない」という「期待」があった事は事実であろう。
 
 でなくて、なんで「議員」を間に挟む等という二度手間をとる事があろうか?

 そういう二度手間を掛けてまで「口利き」を「献金した議員に頼む事」、及びそうさせないように「門前払い」をしないところに、「口利き」をした「議員」がどういう人物であるかという評価が定まっていくのである。


 長妻衆議院議員(民主党)は国民から寄せられた「年金に関する不信情報」を受け取って社会保険庁の不正を正した。

 この記事にある「都議(その他議員)」は「献金」を受け取って「融資条件緩和」に働きかけをした。

 「献金を受け取ったから口利きしたのか?」等という「問い」が如何に「愚問」か分かるだろう。
 

 ・・・・・   ・・・・・    ・・・・・    ・・・・・    ・・・・・   ・・・・・    ・・・・・    ・・・・・
 
 
 分からない一部のお馬鹿さん達に、もう少しつきあってやろう。
 
 「融資の条件を緩和するよう口利き出来る人」
 
 こんな議員、「都民であるあなた」は「都民のためになる」と思うか?
 
 もしそう思うなら、いっそ銀行の融資窓口を廃止したらいかがであろう?
 
 融資担当者が不要になれば、業績悪化に苦しむ新銀行東京にとって良いコストダウンができよう。
 
 
 「口利き」が奏功して融資条件を不正に緩和されれば、貸し倒れリスクが都民に及ぶ。

 投じた税金400億円がフイになる日も遠くはあるまい。

 
 「口利き」が奏功しなければ、二度手間な分だけ「時間の浪費」になる。

 「口利きで有利な融資条件が欲しい」と思っていて「政治家に献金」する事でなんとかしようと思っていたのであれば、儲けるのは献金を受けた都議(その他議員)「だけ」という結果になる。

 新銀行東京が「口利きの影響はない」と言い、実際にそうならば「尚更」この様な二度手間は正に「無駄」だろう。 

 それでも「口利き商売」を議員に認め、実際に「効果がある」と都民の多くが思えば、都政に対する不満もまた「献金」なしでは届かなくなろう。(届いていないからこんな事をするのだろうが) 
 
 何れにしても、己一個の利益の為に、都・国のリソースを不正に食い潰しているという事だ。

 この様な「道理」すら分からない連中が「議員」として遇されている東京は、さしずめ「イナゴ都市」と言うべきだろう。

 一部の「まともな都民」が哀れでならない。

  
          
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1004