スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 恥知らずが「対等」を望む時 〜党首討論を要求する自民党〜 | main | 或いは「致命傷」 〜日経平均10,473円〜 >>

馬鹿官僚の仕事 〜観光地「満足度」格付け〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎観光地の「満足度」格付け=評価手法など検討へ−09年度に観光庁


 観光庁は5日、観光地に対する旅行者の「満足度」を全国統一の基準で評価する仕組みづくりに2009年度から乗り出す方針を決めた。観光地の魅力アップに役立つよう、客観的で分かりやすい評価手法を確立する。宿泊施設や交通アクセス面での評価を基に、全国の観光地を格付けする制度の構築も視野に入れている。同年度予算概算要求に調査費を計上した。 

時事通信社 平成20年10月5日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ 

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 このバカタレが!
 
 何の権利があって観光庁が偉そうに「格付け」なんぞするのか?
 
 「統一の基準」なんぞ、一体だれが求めたのか?
 
 これは簡単に言えば「価値観の統一」であり、まごうことなき「思想良心の自由」(憲法第19条)に反する違憲行為である。
 
 
 それにしても、ちょっと目を離した隙にこんな下らない官庁を創設していたとは・・・

 何を持って「観光に値する場所」とするかは我々の自由である。
 
 そんなものに血税を使って評価してみせるなこの馬鹿者!

 
       
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1022