スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 定義をリストラした「阪急」 〜子会社駅員ら840人本社雇用〜 | main | 社会の「逆進性」 〜消費税増税について〜 >>

シンドラーエレベーター 立件されず

JUGEMテーマ:ニュース


◎<エレベーター事故>東京の高2死亡、点検員を書類送検へ


 東京都港区のマンションで06年、都立高校2年、市川大輔(ひろすけ)さん(当時16歳)がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、警視庁捜査1課は近く、保守管理会社「エス・イー・シーエレベーター」(台東区)の点検担当作業員(28)を業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固めた。技術部門の最高責任者の専務(49)についても立件の可否を最終判断する。製造元「シンドラーエレベータ」(江東区)の関係者については、製品に問題がないとして立件を見送る。

 市川さんは06年6月3日午後7時20分ごろ、港区芝1の自宅マンション12階で、降りようとしたエレベーターが開扉のまま突然急上昇し、建物の天井とエレベーターの床との間に挟まれて死亡した。

 調べでは、作業員は同年4月から保守点検を担当。事故9日前の5月25日に事故機を点検した際、ブレーキパッドの摩耗で出た黒い粉の堆積(たいせき)などの異常を見逃し、事故で市川さんを死なせた疑い。

 捜査1課が再現実験した結果、事故機は制御盤からブレーキ解除を伝える役割の電磁コイルがショートし、ブレーキが完全に解除されないまま運転していた。このためパッドが摩耗し、今度はブレーキが機能しなくなり、止まっていたかごが急上昇したとみられる。

 シ社については、▽設計・構造自体に問題がない▽事故時の保守点検を担当していない−−などの点から予見は難しかったと判断した。

【佐々木洋、古関俊樹、神澤龍二】


毎日新聞 平成20年12月19日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ 

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 この事件が起きた当時、ISO9001品質マネジメントシステムに関連して私は口を極めてシンドラーエレベーター社を批判した事を覚えている。
 
 事故直後を含めてその後の対応も決して「誠実」とは思えなかったし、シンドラーエレベーターに関しては様々な問題が指摘されていた。
 
 本件では専ら保守点検管理会社の罪として立件されているが、この様な事故が起きた原因について何かしら協力したような話も聞こえてこなかった上に、国土交通省がシンドラーエレベーターに対し、シ社製エレベーターが設置されていたマンションなどの情報の提供を求めたが、拒んだ事もあった。
 
 本件においては立件されなかったが、私はこの会社の罪は重いと今でも思っている。

 
     
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1089