スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< オウンゴールストライカー 〜国会同意人事案 同じ顔ぶれ3回提示〜 | main | 哀れはめぐりて我が身へ >>

麻生が一般化した時 〜高速道路無料化「試算」公開せず〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎<高速無料化>効果2.7兆円 民主「試算隠し」批判


 国土交通省が所管の財団法人に発注した高速道路料金引き下げに伴う経済効果の試算業務で、高速道路無料化の効果を「2兆6700億円」と推計する結果が出ていたことが分かった。民主党の馬淵澄夫氏が20日の衆院予算委員会で指摘した。無料化は民主党の看板政策の一つだが、法人が国交省に提出した報告書からは、無料化に関する記述が削除されていた。馬淵氏は「なぜこの結果を表に出さないのか。民主党の政策だからか」と迫ったが、金子一義国交相は「私のところには来ていない」とかわした。【田中成之】

 試算は国交省の国土技術政策総合研究所が07年10月に財団法人「計量計画研究所」に発注。引き下げによる利用増で生じる時間短縮効果や、一般道での事故減少効果などを推計した。報告書は3割引き下げで5200億円、5割引き下げで1兆200億円の効果が生じるとし、政府の経済対策の柱の高速料金引き下げの判断材料の一つとなった。

 馬淵氏は試算業務の関係者から、無料化部分が削除される前の報告書を入手。「無料化の結果を隠ぺいか削除かして表に出さず、3割引き(に相当する引き下げ)を実行しようとしている。無料化を検討すべきだ」と迫り、削除前の報告書公表も要求した。

 麻生太郎首相は「ただにすれば効果が出るのは当然。しかし、(旧)道路公団の借入金の返済を、道路を使わない方々の税金から賄うことになり、問題ではないか。資料(提出)は国交相に検討させる」と答弁した。

 民主党は、検討中の高速道路無料化法案の「重要なデータになる」(中堅)として、政府への提出要求を強めていく。

毎日新聞 平成21年2月20日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ 

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



§ 私物化

 国家の安全保障に直結する様な「試算」や「調査」は兎も角、高速道路の無料化などの「試算」を血税を使って行いながら公表しないというのは、政治の「私物化」と言うべきであろう。
 
 金子国交省の言いぐさが本当であれば、「事前通告」が行われて「無料化の試算があるはずだ」という指摘を「無視」した事になる。
 
 とても政権担当者としての回答責任を果たしているとは言えない。
 
 「知らなかった」(過失)のではなく「無視した」(故意)である事を重視すれば、「国会軽視」という事も指摘せねばならないだろう。
 
 尤も本当は、国交省が民主党に「耳打ち」し、自民党には「内緒」にしていたかも知れないが・・
 
(つまり「政権担当者」として官僚に裏切られている)
 
 そうでなければ相変わらず自民党の「自分党」ぶりはあきれかえるが、その本家本元である麻生の場合は、聞きたくもない持論を展開して見せる。
 
 
・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・

§ 一般化

 民意を勝手に自己解釈したり、例えば今回のような「公約」に無い事(高速道路料金減額化)に絡んで行っている事について、麻生には「その」隠蔽(?)したデータについて「講評」を加える権利はない。
 
 何故なら、「その判断」は国民が判断するものだからだ。
 
(ちなみに私は、季節や交通量度合い・一般車両か流通・運輸・業務車両かという区別によって通行料に「差」を付けるというのなら賛成だが、「画一的」無料化には反対という立場をとる。)

 無権限で政権にいる麻生が、己の「私見」を一般化して「問題だ」とする事の方がよほど「問題」なのだ。

 一刻でも早く選挙を行って「正当性」の裏付けのある政権が難局を切り抜けるべきだというのが「世論調査」から見て取れる「民意」であろう。
 
 早く辞めないと、益々悪名を高めて歴史教科書に載るハメになるよ?
 
 
 尤も、KYを地でいく麻生政権であるから、自暴自棄になって日本を道連れに沈没するつもりなら、このまま強情をはって「我が道」だけを行く事になろう。
 
 その時、自民党国会議員はどうするのか?


・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・

§ 冴えない「矜持」
 
 「矜持」「矜持」とうるさかった麻生や、小泉政権時代にすごく自由に発言しすぎていた連中が派閥の長に「犬」の様に従わされている等は、滑稽の極みだ。
 

 政治家に必要なのは、出処進退に「冴え」を見せられる勇気だ。
 
 少なくとも、「矜持」なき政治家集団「自民党」国会議員に、そんな「冴え」は見せられまい。
 
 つまり、麻生の「変節」だけではなく、その意味無き「矜持」までもが自民党で一般化したという事だ。

  
          
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
2009/02/21 7:03 AM, ふぇすたるも〜れ wrote:
官僚を、共に歩む相手にも、戦う相手にも仕切れへん、ダメ政府(与党)であるって事やろうね。
それは小泉が退いて以降の傾向でもあるけど。
使い切れんのやったら戦う相手にすりゃええのに。まぁ、錯乱中の自民党には無理な注文やね。

「冴え」は民主党幹部にも言えるからなぁ。
そこが選択肢が二つしかない現状では不幸やね。
自民党を降ろす為に民主党を勝たせる。
ただ、誰を勝たすかは小泉旋風の時と違ってよう考えなやし、民意が届かん当選にもよう注目しとかな。
2009/02/21 11:53 AM, あすろん1へるつ wrote:
 野党っていうのは基本的には「敵失」でしか点数を稼げない存在だという事は前々から言っている通りなので、民主党を選択するのも概ね「消極的」である事はどうしようもない。

 一応言っておくと、年金問題だって障害者自立支援法だって後期高齢者医療だって派遣労働問題だって同じ事。

 政府がしっかり手当し是正していれば野党としてはつっこみようが無い問題だったという事を考えれば、「敵失」「消極的」に成らざるを得ない事がお分かり頂けるでしょ。

 政権交代ってのは基本的には「現政権を降ろしたいが為にもう一方を勝たせる」というものです。

 ブッシュが変な事をしなかったなら、オバマ大統領はあり得なかった。

 
 民意が届かない当選というのは「比例名簿」の事かな?
 だとしたら、私も「比例名簿」に登載する場合は「こういう基準で登載しました」というのを「公約」に盛り込んで欲しいと思う。
 
「任命責任」があるのなら「公認・推薦責任」だってあるはず。

 そこらへんを明確にして欲しいよね。
2009/07/20 8:57 PM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
2009/04/03 12:57 PM
どーもしっくり来ない。『ETC 購入助成枠を140万台に拡大 高速道路財団』だそうで...無料化の方が経済効果大きいって試算も出てたのに(ブログ「正義は誰に帰するか」様より引用)無料化は検討せずETCの助成を一生懸命やっている。しかも高速料金1,000円に割り