スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 世襲「以前」 〜自民党「世襲制限」に反発〜 | main | 就活生へ贈る言葉 〜大人は「馬鹿」と思え〜 >>

民主党が没落していく理

JUGEMテーマ:ニュース


◎民主・岡田副代表「小沢代表に説明してもらわないと」


 民主党の岡田克也副代表は18日、三重県東員町で開いた会合で、小沢代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件について「国民の7割以上が説明に納得できないと言っているのに政権交代できるはずがない。代表自身に説明してもらわないといけない」と述べ、小沢氏自身の説明が必要だと強調した。

 これに関連し鳩山幹事長は18日、佐賀県嬉野市での会合で、「小沢氏が分析して『行ける』とわかった時には、政権交代に向けて進んでいく。もし『難しい』と判断した時には、当然、新たな道で頑張るという話になる」と述べた。
 

読売新聞 平成21年4月18日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



§ 岡田が求めるのは何の「説明」か?


 今更何の「説明」か?
 
 本心は「説明」にあるのではなく「辞任会見の要求」であろう。
 
 だが、その見通しは「怯え」から発しているだけで、見通しがある訳ではない。
 
 事ここに至っては「突っ切る」か「退く」かしかないのだ。
 
 
 岡田が仮に正気であっても、要するにこれは小沢に暗に「辞任せよ」と言っているという事になる。
 
 だが、仮に「辞任」しても、・・・いや、寧ろ今更「辞任」する事の方が民主党の支持率は上がらないし、麻生の支持率回復傾向は止まらないに違いない。
 
 理由は支持率の傾向にある。
 
 なるほど小沢が「首相にふさわしいか否か?」という事に対する支持率は落ちた。
 
 だが、当初はそれでも民主党の支持率は殆ど誤差程度にしか影響を受けていなかったのだ。
 
 そこに「鍵」があるのだが、恐らく岡田には分かるまい。
 
 次に書く鳩山も恐らく分かっていまい。
 
 
・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・


§ 民主党は「小沢党」か?


「小沢氏が分析して『行ける』とわかった時には、政権交代に向けて進んでいく。もし『難しい』と判断した時には、当然、新たな道で頑張るという話になる」

 鳩山、お前の政治家としての「判断」は無いのか?
 
 何故全て「小沢任せ」なのか?
 
 もっと言えば「小沢の奴隷」なのか?
 
 小沢に「説明責任」があるとすれば、民主党にも「説明責任」がある。
 
 何故そこまで「小沢」なのか?という事だ。
  
 これで官僚主義に対抗できる人材は「小沢しか居ない」という事が明白になっていく結果、もし「小沢辞任」となれば民主党は「存在意義」を失って「瓦解」するだろう。
 
 官僚や検察、自民党と公明党の狙いは正にそこにある。
 
 
 民意は大事だが「追従」しているだけでは国民は支持しない。
 
 そこが分かっていない連中だけが、右往左往しているのである。
 
 そこに私は、国民が民主党への支持を弱める理由を見るのである。 
 
 
・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・ 


§ 民主党の「正義」はどこへ?


 「生活第一」という大義名分に則った国会で民主党は「闘った」と国民が認めた事と、麻生の政策のふらつきがあって「民主党に政権を執らせてみようか」という機運が高まった。
 
 しかし、小沢の公設秘書逮捕によって、民主党が「民主党のために」闘いを手控えた・・・いや、「逼塞」したと言った方が間違いない。
 
 これは、小沢一人のために「国民のため」の闘いに集中できなかったという事だ。
 
 そこに、国民は失望しているのだ。
 
 
 国家全体の観点から言えば、小沢の問題はその中のほんの一部に過ぎない。
 
 「小沢は民主党代表」であっても「民主党」が党としての力があれば「民主党の」「民主党あっての」という枕詞付きの「小沢」という形に出来た。
 
 だが、問題を常に「小沢込み」で対応した結果、小沢も民主党も一緒になって没落していく事になったのだ。
 
 
 麻生はあれしきの支持率上昇で浮かれているが、あれはアホだから、大した理由もなく上がった支持率に警戒し自重する事が出来ない男だ。
 
 敵失狙いでなくても、闘えば大いに巻き返せる。
 
 今闘いから逃げたら選挙で勝てるという保障はどこにもない。
 
 だったら闘うしかないんだよ?
 
 闘いを止めた野党など、無用の長物。
 
 民主主義を知らない馬鹿なマスコミや国民の目を覚ますくらいの闘いをしてこそ「政党」としての存在意義がある事を思い出せ。民主党。
 
 
                         
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1180