スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 民主党にも居た迎合政治家 〜生方幸夫 副幹事長解任〜 | main | マスコミの謀略に利用されたのは誰か? >>

「言論封殺」という欺瞞 〜生方の罪は一つではない〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎生方氏解任「言論封殺だ」民主内に批判の声


 民主党の小沢幹事長を批判した生方幸夫副幹事長が18日、解任に追い込まれたことは、結束を乱す不満分子は許さないという同党執行部の強権的な姿勢を強く印象づけた。

 鳩山首相が「民主党らしさ」をキーワードに政権浮揚を図ろうとしていた中での解任劇に、党内からは「言論の自由もない」と批判の声が上がっている。

 生方氏の解任について鳩山首相は18日夜、記者団から「言論の自由を封じる形は民主党らしくないとの声がある」と問われると、「レベルが違う議論だ。執行部に対する批判はあっていい。ただ、党の中では一切話をしないで、メディアに向かってされることは潔いのかどうかという議論だ」と述べ、党の対応に理解を示した。

 生方氏は衆院千葉6区選出で当選4回。読売新聞記者出身で、経済評論家として著書も多い。党内では横路衆院議長に近い。問題とされたのは、17日付産経新聞のインタビューで、生方氏が党運営を中央集権的と批判し、「鳩山さんは小沢さんを呼んできちんと注意してほしい」などと求めたことだった。

 高嶋良充筆頭副幹事長は18日、生方氏を党本部に呼んで副幹事長を辞任するよう求めたが、生方氏は「普通のことをしゃべっているのに辞めろというのは、党内に言論の自由がないということだ。情けない」と反発。高嶋氏は「議論する場がいっぱいある。なぜそこで言わないのか」と指摘したが、生方氏は「(処分するなら)正式に倫理委員会にかけてください」と求め、平行線に終わった。

 高嶋氏は会談後、生方氏以外の副幹事長を集め、副幹事長会議として交代を求める方針を確認。小沢氏と電話で対応を協議した。小沢氏は「そこまでする必要はないのではないか」と語ったが、高嶋氏が説得したという。

 高嶋氏は記者団に「放置しておくと党の求心力や他の議員の意欲がそがれる。解任ではなく、役職の交代だ」と強調した。

 高嶋氏の強硬姿勢の背景について「生方氏が呼びかけた政調復活を求める会合に41人が集まったことで、党運営批判の高まりに焦りを感じたのではないか」との見方がある。生方氏の行動について、輿石東参院議員会長が「幹事長室にいる人が、いかがなものか」と批判するなど党執行部としては、災いの芽を早めに摘もうとする姿勢が見られた。

 小沢氏に距離を置く議員からは公然と批判の声が上がっている。

 枝野行政刷新相は18日の記者会見で「生方氏が何か問題のあるようなことを言ったことが最近あるとは認識していない」と語った。野田佳彦財務副大臣も記者会見で「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは極めてよろしくない。もっと自由闊達(かったつ)に感想や意見を述べてしかるべきで、闊達に意見を言う文化を持ってきたのが民主党の魅力だった」と党の対応に疑問を呈した。若手衆院議員は「これでは北朝鮮と同じだ。言論封殺の党と思われる」と語った。

 民主党の規約では、副幹事長は幹事長が選任すると規定されているが、解任などの手続きは明記されていない。生方氏は18日夜、党の対応について「幹事長を批判したから更迭というのは民主主義の原則を無視した行為で、国民は納得しない。副幹事長交代は承服しておらず、異議を申し立てたい」と語った。小沢氏の進退についても「国民が納得しなければ、幹事長を辞めるのが当たり前だというのが党内の多数派だ」と指摘した。
 
読売新聞 平成22年3月19日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



§ マスコミの欺瞞

 駄目なヤツというのは、こうしたものだ。
 
 いい年こいて、何も分かっていない。
  
 議論の中での自由な発言は当然許される。
 
 それが「議論」をする利益だからだ。
 
 だが、議論の外、組織の外に向かっての自由な発言など、組織人である限りあり得ない。
 
 嘘だと思うなら、マスコミ各社の経営陣の中の一人が、他のマスコミの居るところに出てきて経営陣批判やったらどうなるか?
 
 「お家騒動を外に漏らしてイメージダウンさせた」として、当然に更迭されるだろう。

 それは至極真っ当な処分なのだ。


 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 

§ 政治という「コンテンツ」の魅力 
 
 己の所は絶対に許さないことを、政治に関しては「言論封殺だ」と言うのは、ひとえにマスコミの「ネタほしさ」にある。
 
 別に民主党や自民党がどうなろうと、マスコミには関係ない。
 
 ただ「ネタが欲しい」だけだ。
 
 政府と与党の意見が違う
 党内で意見が割れている
 党内に内輪もめがある
 
 これらはマスコミが最もうれしがる話題である。

 何故なら脚本なしのリアルな人間ドラマを取材し、報道できるのだ。
 
 それ自体がコンテンツとして自立しているから、マスコミにしてみれば「おいしいネタ」だ。

 だから、マスコミとしては「大いにもめてもらいたい」と思っているのだ。
 
 
 有識者づらしたあほなコメンテーターが「自由な発言が組織を強くする」等と言っていたが、それが妥当するのは議論の対象となっている課題について自由な視点で全方位的に見ることで解決策を提案しうる可能性にある。
 
 生方の様に問題を正確に捉えられず、マスコミ情報に右往左往する馬鹿がする執行部批判を「外」に向けてやって「組織が強くなった」という事例は、自民党一党支配の時代でも「無い」。
 
 
 
 考えても見ろ。
 
 「言論封殺」と言う人間は、自分の言ったことに対して批判されたら「言論封殺だ」とほざくのだ。
 
 おわかりか?
 
 批判は受け付けず、己の発言だけは「自由に流通させろ」と言っているのだ。
 
 しかも、適正な手続きをとっての批判ではなく、いきなり「外部」に対してそれをやる。
 
 こんな欺瞞を許していては、組織が組織として機能しなくなる。
 
 鳩山首相の言っていることは実に正しい。
 
 
 
 それを「自由な党」というポーズでごまかし続けておかしくなったのが自民党だ。
   
 民主党はあんな馬鹿を真似せずに、速やかに処分した。
 
 
 ちなみに、・・・生方の罪はこれだけではない。
 
 後述するが、処罰されるべき理由を幾つか持っていた。
 
 だからこそ、この様に速やかな処分となって現れたのだと私は理解している。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 政治主導の意味    
 
 「政治主導」というのは、「今現在」のマニフェストを「現時点」で最も実現しうるメンバーによって主導される国家にするという改革だ。
 
 それは党内においても妥当する。
 
 いくら国会議員として選出されたからといって「同権」ではない。
 
 また、ただの馬鹿に政治的影響力・政策決定権を与えるほど世の中甘くない。
 
 そんな事は、民間企業であろうと政治組織であろうと当たり前の事ではないか?
 
 役職を与えられず、見せ場を作れない議員になってしまって焦っているのだろうが、焦るならば「自分の売り」を作る準備をすればよい。
 
 「現時点」では使ってもらえなくても、そのうち政治課題として上がってくるであろう様々な問題の内、自身の強みを発揮できる政策テーマを選び、それが必要になった時期に声が掛かるように準備する。
 
 それが、政府の政策決定に関与出来なかった議員のやるべき「準備運動」だ。
 
 
 にも関わらず、組織としての強みよりも個人的都合を優先させる。
 
 組織をくんだ理由を生方は分かっていないのだろう。
 
 無論、枝野や野田も同じ。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 生方の「罪」はこれだけじゃない

 この生方という馬鹿は、石川県知事選でも引っかき回してくれた馬鹿者だ。
 
 民主党県連が推すと決めた谷本氏ではなく、多選批判を行って自ら立候補した元民主衆院議員 桑原豊氏を勝手に応援している。(北国新聞より)
 
 桑原氏はいい。 彼は自らの出処進退をかけて出馬している。 
 
 だが、生方は違う。あくまで民主党の籍を持ったままの応援だった。
 
 
 自由に振る舞いたければ、組織なんぞに属する理由はない。
 
 組織に属するからこそ、仲間がとった評判の余禄にも浴する事が出来るし、仲間が落とした評判のあおりも食う。
 
 それが組織に属する者の有りようというものだ。

 
 しかも今回小沢氏に辞任を求めた根拠となっている「政治とカネ」の問題は「検察とマスコミに作られた問題」だ。
 
 そんな問題で政治家を一々更迭する等という馬鹿は、国会議員の職責を何も分かっていない「間抜け」と言って差し支えない。
 
 どんなに世論調査で「辞任せよ」という声が大きくとも、その根本となっている情報がおかしいのに、それに屈して「今」更迭してしまえば、それは「政治主導」ではなく「マスコミ主導」になってしまう。
 
 実力のある政治家が罪に落とされたりイメージを傷つけられたりする結果、生方の様な間抜けな議員が生き残る。
 
 そんな間抜けに国政を預けられるか?
 
 とんでもない話だ。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 長崎県知事選 敗北の要因
 
 長崎県知事選で与党公認候補が負けた理由を、全国紙は「政治とカネの問題」と規定していたが、地元紙は「公認決定が遅かった」ので「組織がフル回転出来なかった」という見方だった。
 
 これが何を意味しているか分からない阿呆は、生方だけだったのだろう。
 
 鳩山首相や小沢幹事長はじめ執行部は理解していた。
 
 しかし、その責任を全て中央が引き取ることで、長崎県連や長崎出身の国会議員を守ったのだ。
 
 「政治とカネの問題という事にしておこう」と。 
 
 石川県知事選は、長崎県知事選で負けた影響を大きくしないための要の選挙だった。
 
 
 生方はまるで分かっていなかった。
 
 ジャーナリスト出身のくせに、マスコミというものを理解していなかった。
 
 或いは・・・「売名行為」の為に仲間を売ったか?
 
 
 高嶋筆頭副幹事長は、適切な対応を取ったと思う。
 
 「政治主導」の真の意味を理解せずに「政調復活」を唱え、県知事選に不当に介入して引っかき回し、そしてマスコミの作った「政治とカネの問題」に悪のりして幹事長批判。

 こんな馬鹿は、少なくとも民主党には要らないだろう。
 
 読売新聞よ。
 
 お前にくれてやるからどうぞ引き取ってくれ。
  
                                      
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1453
- / -
2010/03/20 3:20 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。