スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 読売新聞 政府への不信感を煽って満面の笑み? 〜普天間基地移設問題〜 | main | 頭の悪い人々と、卑しい人々 〜韓国人男性が子ども手当554人分申請〜 >>

日本を代表する3馬鹿町長 〜普天間問題で徳之島町長 首相を批判〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎鹿児島・徳之島の町長、鳩山首相を批判


 沖縄・宜野湾市のアメリカ軍普天間基地の移設先として政府が検討している鹿児島・徳之島の3つの町の町長は20日、政府との会談を拒否した。21日の党首討論を見た徳之島の町長らは、鳩山首相を厳しく批判した。

 18日に反対集会を終えたばかりの徳之島では、21日の党首討論への島民の関心は高く、3町長はいずれもテレビ中継を見ていた。このうち、伊仙町・大久保町長は「腹案を明らかにしていないけど、徳之島を考えていると思った。どんな手段を使ってでも阻止する」などと述べた。その上で「鳩山首相は沖縄県民、徳之島もアメリカにしても愚弄(ぐろう)しているという感覚が抜けている」と批判した。

 天城町・大久町長もメモを取りつつ、何度も首をかしげる姿が印象的だった。腹案をなかなか示そうとしない鳩山首相の姿勢に、大久町長は「もう遅すぎる」と述べ、政府側と交渉に入るつもりはないとの考えをあらためて示した。

日テレNEWS24 平成22年4月21日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします




 こんな連中が「地域主権」の担い手だとは、先が思いやられる。
 
 どう考えても徳之島の3町長は政治家の器量ではない。
 
 いや、社会的責任を負う大人の器量すら持ち合わせていない。

 何故なら「報道」で動くからだ。
 
 
 こういうのを見ていると、首相が「腹案」を明かさない事がますます正解の様に思えて成らない。
 
 何故なら、町長に明かす前だろうが後だろうが、出した瞬間から沸騰し「反対」「批判」の大合唱である事が明々白々だからだ。
 
 これでは何の話も出来ない。


 電話をすれば一方的に話しをして一方的に電話を切る。

 怪しい商品の勧誘で電話してきた相手なら兎も角、日本国として話をしようとしているのにこの対応はなんなんだ?

 そしてそれを一個も咎めない自民党やマスコミ。

 なんなんだこれ?

 朝青龍並に無礼ではないか?
 
 
 日本国民の一員として話も聞かずに遮っておきながら「分からない」といって批判する馬鹿は、少なくとも私の知り合いには一人もいない。
  
 党首討論で移設先を明かさずに居たのは「どういう問題をクリアすれば受け入れてもらえそうか?」というのを「静かな状況」で「冷静に」打診・検討する為にあったはず。
 
 電話連絡を直接受けてそれを遮りながら、党首討論を見てメモをとって首をかしげているなんてのは、頭が悪すぎるだろう。

 こんな馬鹿者の批判に、へこむ必要は1ミリも必要ない。

 この3町長は日本を代表する馬鹿町長と言うほか無いのだから。
 

  
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1482