スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 虚勢の改革案を一蹴して責任ある「公務員改革法案」まもなく衆院通過 | main | 「政治とカネ」であぶり出された、様々な「正体」 〜小沢氏 再来週政倫審予定〜 >>

驚きの「政治的偏向」裁判 〜赤旗配布=国家公務員法違反〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎赤旗配布、二審も罰金 元厚労省職員の控訴棄却


 共産党機関紙の号外を警視庁職員官舎で配布したとして、国家公務員法違反(政治的行為の制限)罪に問われた元厚生労働省課長補佐宇治橋真一被告(62)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。出田孝一裁判長は「政治的偏向の強い行為で、放任する弊害は軽微とは言えない」と述べ、処罰を合憲として罰金10万円を命じた一審東京地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。被告側は上告した。

 東京高裁の別の裁判長は3月、旧社会保険庁職員の同法違反事件で、罰則適用は違憲として逆転無罪判決を出しており、判断が分かれた。

 出田裁判長は、1974年に最高裁が処罰を合憲とした「猿払(さるふつ)事件判決」を踏まえ「公務員の政治的行為を制限する目的は、行政の中立的運営の確保」と指摘。

 政党機関紙の配布を禁止した人事院規則について「合理的で必要やむを得ない限度を超えず、(表現の自由を定めた)憲法21条に違反しない」と指摘した。

 その上で「厚労省課長補佐だった被告が共産党を支持する目的で、勤務時間外に機関紙を多数配布した行為は政治的偏向の強い行為」と結論づけた。


中日新聞 平成22年5月13日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



§ 史上最低に類する「偏向」裁判

 こんなものは裁判ではない。
 
 「公務員の政治的行為を制限する目的は、行政の中立的運営の確保」という趣旨を己の政治的偏向によって枉げた最低の判決と言うべき。
 
 公務員の政治的行為は、形式的に罰せられる行為であってはならない。
 
 何故なら「主権者」である限り政治的行為は「自由」であるべき重要な人権であるからだ。
 
 故に、この問題で「有罪」にするには「実質的理由」が要る。
 
 その「実質的理由」とは何かと言えば?「公務員が公務中に配っている」という事が重要なのだ。
 
 従って、大きく見て2つの要件(「又は」ではなく「及び」)を満たしていない限り罪に問えないと言うべき。
 
1.公務員が政治的行為をしていると受け手側において「認められる」事

2.当該公務員が「公務中」である事

  
 「どこかの共産党支持者のオッサンがビラを配っている」というのは何ら罪にならないのは当然。
 
 何故なら政治的行為(政治的表現)の自由は人権、基本中の基本原則からだ。
 
 その観点から以下論ずる。 
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 公務員が政治的行為をしていると受け手側において「認められる」か否か?
 
 公務員が政治的行為をしていると認められている場合とは、どういう場合だろうか?
 
1.公務員である事が広く市民に知られている存在(政治家を当然除く)

2.自ら名のって「私は厚労省の課長補佐だ」とでも言いながら配った場合

   
 元厚生労働省課長補佐が「私は厚労省の課長補佐だ」と名のってビラを配っていたのならそれは「お上(この意識もどうかと思うが)に所属する人が言ってるのだから」という事で国民の政治的価値判断を枉げるという事は「ありうる」。
 
 だがそれとて「ありうる」話であって、「行政の中立的運営」を揺るがすかどうかと言えば、相当疑わしい。
 
 ま、それは極端な事例であろうし、実際その様な事が行われたという事実は無い。
 
 無論、この元厚生労働省課長補佐がこの辺りの不特定多数の中では「厚労省の課長補佐で共産党支持者」である事が知れ渡っている場合は兎も角、言われなければ分からない程度の存在である場合は、到底「行政の中立的運営を歪めた」とは言い難い。
 
 そこで、問題となるのはビラを配った場所である。
 
 「警視庁職員官舎で配布」
 
 
 ここからは想像に過ぎない。
 
 恐らく警視庁はこの課長補佐が共産党支持者である事は知っていただろう。
 
 課長補佐の方も薄々「共産党員である事は調べはついているのではないか?」と思いつつ、一般市民の顔をして配りに行ったのではないか?
 
 結果は案の定「国家公務員」として逮捕された。
 
 「知っていたんだな」と了解しつつ、しかし、彼はここを突破口と考えていたのではないか?
 
 「公務員の(時間外における)政治的行為の自由を回復する」事を。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 当該公務員が「公務中」である事

 公務員とて24時間公務を行っているとは限らない(警察・消防等はどうかは知らないが)。
 
 公私混同して恥も知らないマスゴミと評論家先生は兎も角、公務員も勤務時間外であれば、職務への忠実義務から解放されるし、何より「行政官」としての制約は外れねばなるまい。
 
 従って「勤務時間外」にまで罰則を及ぼして良い合理的理由はない。
 
 
 翻ってこの事件について見ると「厚労省課長補佐だった被告が共産党を支持する目的で、勤務時間外に機関紙を多数配布した行為は政治的偏向の強い行為」と要っている事から「勤務時間外」に配布した事が明白である。
 
 もはや「公務」を枉げたり「行政の中立」を脅かしたという事を言うのは難しい。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ にもかかわらず「有罪」とされた理由は?

 この様な到底「行政の中立」を脅かしたとは思えない行為を「有罪」にしたという事は、もはやこれは「表現内容に対する規制をかけた」と言うほか有るまい。
 
 裁判上は政治的偏向の強い「行為」と批判した裁判官は、実質的には憲法で禁止する「検閲」に似た厳しい「表現内容」に関して「規制」を掛けたと言う事だろう。
 
 わいせつ、凶暴等の公序良俗に反する表現行為であるなら兎も角、基本的人権として認められている政治的表現の自由(主張)を国家公務員法違反という「別件」で規制する等というのは、国民の自由権を保護する砦であるべき司法権自身の「自殺」と言って良い。

 要するにこの裁判官こそ「政治的偏向」をもって裁判を行ったと言うべきなのだ。
 
 故に、不当逮捕・不当起訴・不当裁判である事は明白。
 
 
 まるで今の民主党や小沢氏に対するバッシングを見ている様だ。
 
 民主党は集中排除の原則からTVと新聞の分離を進める事や、記者クラブ開放など、マスメディアの既得権を破壊する行為に出ている。
 
 これらの行為に対して「言論機関」「表現機関」として「真っ向勝負」するのではなく、鳩山民主党政権バッシングにより民意を冷やす事でマスメディア側の既得権を確保し続けようという「姑息さ」が見て取れる。
 
 この裁判も、真の目的は「行政の中立性確保」などではない。
 
 何故ならこの行為自身が「行政の中立性」を確保している行為だからだ。
 
 にも関わらず「有罪」と決めつけて、葬ろうとしている。
 
 要するに「葬ろう」として国家公務員法違反を「使って」叩いているのだ。
 
 実に卑怯・姑息な行為と言わざるを得ない。
 
 
 
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1498