スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 読めない読売の日本の未来像 〜所得税 最高税率引き上げ批判〜 | main | 大衆は「侮辱」の対象か? 〜枝野氏「小沢氏は大衆迎合」〜 >>

期日前投票期間中の世論調査と石川県選挙区 〜2010年 参議院選挙〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎民主党、改選の54議席確保は微妙な情勢


 日本テレビと読売新聞社は24〜25日に共同で世論調査を行い、来月11日投票の参議院議員選挙について公示直後の情勢を探った。その結果、民主党が改選の54議席を確保するかは微妙な情勢であることがわかった。
 
 菅首相が「改選の54議席」を目標とする考えを示している民主党は、比例代表では第1党を確保する勢い。しかし、選挙区では、特に1人区で自民党と激戦を展開しているところが多く、改選の54議席を維持できるか微妙な情勢。また、連立を組む国民新党が改選の3議席を確保するのは難しい情勢となっており、与党としても非改選議席と合わせた過半数を維持できるかは微妙な情勢となっている。
 
 一方、野党・自民党は、比例代表では伸び悩んでいるものの、選挙区では特に1人区で優位に立つところも多く、手堅く議席を確保して、改選の37議席を大きく上回る議席を獲得する勢い。また、改選議席を持たないみんなの党が選挙区で複数の議席を獲得する勢いで、比例代表と合わせて10議席に迫る勢い。
 
 公明党は、6年前に獲得した11議席を確保できるかどうか微妙で、苦しい戦いを強いられている。共産党は改選4議席を割り込みそうな情勢で、社民党も改選の2議席を確保できるかは微妙となっている。たちあがれ日本は比例代表で議席を獲得しそうな情勢で、新党改革も議席を獲得する可能性がある。
 
 しかし、今回の調査では選挙区で約3割、比例代表で約2割の有権者が投票先を決めておらず、なお流動的な要素を残している。
 
●日本テレビ、読売新聞社 電話世論調査
 
【調査日】24〜25日
【回答】有権者3万440人

日テレNEWS24 平成22年6月26日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





 世論をミスリードし続ける読売グループの世論調査というのは、「読売新聞の作為がどこまで世論を自分の意見に従わせる事が出来たか?」という事を確認するための「結果発表」に過ぎない。
 
 日本最大規模の守旧派であり抵抗勢力であり既得権益層であるマスコミは、小鳩政権をアメリカと歩調を合わせて叩きつぶした事で、少しいい気になっている。
 
 だが、菅新政権でも徹底的に「小鳩」の志向した改革思想に染まった議員達を排除するため、念には念を入れてネガティブキャンペーンを継続中である。
 
 そういうバイアスが掛け、尚かつ自民党回帰を強く望む意向をにじませた上での世論調査である。
 
  
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 迎合し後退した民主
 

 菅新政権では、自民党との差別化を難しくした。
 
 確かに新政権は「無駄を排除し税制の抜本改正案を提示する」とした。
 
 その点では「聖域(官による中抜き)」をがっつりと残したまま「消費税増税」を吹聴していた自民党とは違う。
 
 「消費税を増税してもいいかな」というセンチメントを作ったのは民主党であって、自民党ではこうは行かなかったと言っても良い。
 
 だが、無駄を温存し、縮小均衡政策をとった事で社会保障・医療をおかしくした自民党と「一緒にやりましょう」と言った事で、話がおかしくなった。

 民主党は反自民である事を持って存在感を示してきたのに、その自民と手を取り合う意思を示した事で自民党政治を「許した」と見られただろう。
 
 
 また、政策論的にも「無駄を徹底的に排除し、密室ではなくクリアにして税制論議をやる」と言ったところで、消費税増税と法人税減税をセットで行うという方向性が変わらなければ、「民主党に」という風には行かない。
 
 加えて、菅首相は就任会見で「消費税増税をする場合に衆議院を解散して信を問うか?」と言った質問がされた時、明確に肯定しなかった。
 
 その辺りが小鳩時代の「潔さ」から後退したと言える。
 
 民主党と自民党の存在価値を、民主党の側から相対化した事は、有利に働いたとは言えないだろう。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 菅新政権への期待がしぼんでいく理由


 前回の総選挙の時ならばまだ消費税増税+法人税減税セット論の弊害が知られていなかった分だけ「これで成長する」と言われたら有権者は支持したかも知れない。
 
 だが今日においてそのセット論と縮小均衡政策(財政出動にタガを嵌め、プライマリーバランスの均衡の為にする経済財政政策)が失敗してきた歴史を知ってしまった国民は確実に増えた。
 
 また、「上場企業の役員報酬について、1億円以上受け取っている役員名と報酬額を公表」させた事で、法人税減税に対する反発は確実に増えた。
 
 
 小沢民主党(≠菅民主党)と亀井国民新党、福島社民党であったら、この問題への対処を明言していただろう。
 
 少なくとも法人税減税等、言わなかった筈だ。(現に彼らは消費税増税すら言っていなかった)
 
 それどころかこれを批判材料として「労働分配率を高めろ」と大合唱していたかも知れない。
 
 
             人件費     
  労働分配率(%)=───────×100
             粗利益     
 

 小鳩政権では期待できた労働者の地位向上だが、菅新政権では自民党と同様の「媚財界政権」に成り下がり、労働者の地位は財界の都合により軽く扱われ続ける事を認識させた。
 
 読売の世論調査にバイアスが掛かっている事を前提にしても、これでは菅新政権の支持率は下がるのが道理なのである。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 石川県選挙区

 
 そうした中で、我が石川県選挙区を見てみよう。
 
 西原 あきら  民主党    新人 http://www.nishihara-akira.jp/
 岡田 直樹  自由民主党   現職 http://okada-naoki.net/
 近松 みき子  日本共産党   新人 http://blog.goo.ne.jp/mikikojcp/


 民主党と自民党の政策的差異が相対化した事で、無党派層が無党派として態度を決めかねる状況になっている。
 
 
 候補者個人を見てみよう。
 
 西原氏はそのブログやホームページにおいて、時々に問議されたテーマについて自身の考えを明確に示している所は殆どない。
 
 小鳩から菅に変わった事が、彼の政治的意思決定にどういう影響を与えたのかがさっぱり分からないので、西原氏に投票する事は「民主党に入れるつもり」という事でしか投票動機は産まれがたい。
 
 つまり、氏自身に対する熱烈な支持者はおらず、無党派層も氏に投ずるかどうかは微妙だ。
 
 ちなみに民主党石川県支部はローカルマニフェストなるものを出しているが、意味不明だ。
 
 地域主権を推進するならば、主役は国会議員から地方議員に移行する筈で、国政選挙にそれを出してくるというのは筋が違うと思うが…
 
 
 
 岡田氏は現職である。
 
 その時々の考え方はホームページにおいて示されており、彼個人に肩入れする人も居るだろう。
 
 だが、彼は所属する自民党と同じで反省のないまま民主党を攻撃し続けた。
 
 その点について国民が不快感を抱き続けていれば、自民党への逆風を絶えず吹かせ続けてきた事になる。
 
 だが、石川県は長らく自民党王国状態だった。しがらみが彼の議席を守る可能性もある。
 
 
 
 近松氏は新人で、無名である。
 
 何故なら、北国新聞が2氏と比べて扱いが小さすぎるからだ。
 
 明らかに差別的扱いを受けていた。(公示前)
 
 ちなみに北国新聞は自民党シンパどころか、岡田氏の父が会長(ウィキペディアより)職にある。
 
 民主党に対するネガティブキャンペーンは野党時代から一貫して居る。
 
 共産党に対する無視もまた一貫している。
 
 とはいえ共産党自体は、かつての反米的な態度を和らげてしまっている事、司法当局に対する対決姿勢も減り、存在価値が著しく減った。
 
 無名にされている上に、共産党自体が存在価値を減ずる中では、まず議席を得るのは難しいであろう。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
§ 選挙区における結論


 石川県が2人区で、そのうち1人が小沢-亀井ラインの政治家である事がハッキリしていたならば、悩まずに済んだだろう。
 
 他は似たり寄ったりか、あまりにも政党として頼りないか、お調子者かという程度の差しか無い。
 
 正直投票先に困っているというのが現状だ。
 
 
 期日前投票は6/25から既に始まっている。
 
 いつもならば初日に投票を済ませる程だったが、今回は…
 

  
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
2010/06/27 9:52 PM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1545