スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 衆議院解散総選挙「前夜」?それとも政界再編「前夜」? 〜民主党両院議員総会〜 | main | 狡猾な国 アメリカの刷り込み戦略 〜マンガで刷り込む「日米関係」〜 >>

猫に小判 〜クリーンな民主党のカネ感覚〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 民主党:「組織対策費」廃止へ 小宮山財務委員長


 民主党の小宮山洋子財務委員長は毎日新聞のインタビューに応じ、使途が不透明と指摘されている「組織対策費(組対費)」名目での支出は行わない考えを明らかにした。組対費は小沢一郎氏が党代表だった06〜08年、当時財務委員長だった山岡賢次衆院議員、佐藤泰介前参院議員あてに計約22億円が支出されたが、使途は明らかにされていない。

 組対費は党の政治資金収支報告書に記載されるが、受領者の手製の領収書を収支報告書に添付すればその後の使途を明らかにする必要はない。

 受領者個人あてに支出されるが受領者の個人所得にはならず、受領した側が自身の収支報告書に記載する義務もない。

 自民党や、小沢氏が率いた新進、自由両党でも同様の支出がある。

 小宮山氏は組対費を含む党の資金について「今まで一切情報公開してこなかったが、現執行部はすべてにわたって説明できるお金の使い方をする」としたうえで、組対費としての支出は「(今後)しない」と述べた。

 また「過去の会計帳簿を専門家に再チェックしてもらっている」と述べ、組対費を含めた過去の支出について調査していることを明らかにした。

 ただし、調査結果の公表については「どういう結果が出るかによる」と明言を避けた。【政治資金問題取材班】
 
毎日新聞 平成22年8月2日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします

☆☆引用記事については、「事情が一番良く分かる様に書かれているモノ」を引用しております。



 馬鹿すぎて話にならない。
 
 政治とは表向き対立する姿勢を見せていても、裏ではパイプを持ち続けるという表裏があるものだ。
 
 
 例えば民主党が自民党の勢力と一定のパイプを持つと言う事は、自民党の狙いを探る事に資する。
 
 一方の自民党側に面従腹背している勢力にとって、これは極めて危険な行為だ。
 
 そのリスクを埋めるのに、何が使われるか?
 
 カネそのものか、或いは何かに変形した後のものか?
 
 何れにしても「手練手管」の一つの手法としてカネがある。
 
 組織というのは大体そういうもの。
 
 それを許すかどうかは、求める利益と損なう利益、損なわせる利益との比較考量によるだろうが、その「悪」をのみこめる者が使わないと、何の交渉力にもならない。
 
 
 
 国益を守るという事は、大体はそうした「手練手管」で勝る事で実現される。
 
 北朝鮮拉致被害者を日本に招けたのは、小泉が金正日に「人権」を目覚めさせた結果ではなく、援助物資という形で財物を積んだからだ。
 
 
 
 恐らくこの菅民主党は、そうした「手練手管」を「悪」とし、「オモテ」で何もかもを決しようとするだろう。
 
 だが、それ故に、この政権は行き詰まる。
 
 取引が出来ないという事は、「どちらか一方が退く」という事に他ならないからだ。
 
 
 菅民主党が退けば、与党としての威信は落ちる上に、与党にした勢力は失望して離れる。
 
 交渉相手が退くとなると、もともと弱小だから存在価値が危うくなるので「政策事に」と言われてもそう簡単に退けない。退くには退くなりの利益を貰わねば。
 
 だが、民主党は取引しない。
 
 表向きのクリーンさばかりをPRして国民受けの良い政治を目指すからだ。
 
  
 
 故に、この政権では官房機密費は正に「猫に小判」という事になろう。
 
 この政権が選挙前にみんなの党等と選挙協力などの下交渉をしていたのなら格別、劣勢になると手もみするかの様にすり寄っていった姿勢を、国民は「クリーン」だなどと言っただろうか?
 
 そのさもしい動きに嫌悪したが故に、民主党は参議院で大敗したのではなかったか?
 
 
 表向きのクリーンさは、実績のみすぼらしさとして返ってこよう。
 
 私は菅民主党には何ら期待しない。
 
 国民に害悪を及ぼす前に、早く倒れてくれと祈るばかりだ。
 
 
                 
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1558