スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「民主党関係者による」中島議員の離党 | main | 「偏向報道」の一つの類型 〜イメージ悪化への誘導攻撃〜 >>

それは本当に事件だったのか? 〜鈴木宗男氏、最高裁で上告棄却〜

JUGEMテーマ:インターネット


◎ 鈴木宗男衆院議員、実刑確定へ…近く収監


 林野庁の行政処分や北海道開発局の工事を巡る不正口利き事件で計1100万円のわいろを受け取ったなどとして、あっせん収賄や受託収賄など四つの罪に問われた鈴木宗男衆院議員(62)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は鈴木被告の上告を棄却する決定をした。

 決定は7日付。懲役2年、追徴金1100万円とした1、2審判決が確定する。鈴木被告は、公職選挙法と国会法の規定により失職し、近く収監される。

 実刑確定による国会議員の失職は、ゼネコン汚職事件であっせん収賄罪に問われ実刑が確定し服役した中村喜四郎衆院議員(61)以来、4人目。

 1、2審判決によると、鈴木被告は官房副長官だった1998年8月、入札参加資格停止処分を受けていた製材会社「やまりん」(北海道帯広市)から、行政処分の終了後に有利な契約が得られるよう林野庁への働きかけを依頼され、現金500万円を受領。北海道開発庁(当時)長官だった97〜98年には、「島田建設」(網走市)から、北海道開発局発注の工事を受注できるよう便宜を図った見返りに現金計600万円を受け取るなどした。

 
読売新聞 平成22年9月8日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 鈴木宗男氏の逮捕当時、インターネットはなかった。
 
 小沢一郎氏が標的にされた事件は、インターネットがあった。
 
 この違いが、両氏の命運を分けている様に思われる。
 
 つまり「マスコミ世論」に対抗する「インターネット世論」が、鈴木氏の時代には全く育っていなかった。
 

 私は、でかい声で他人の発言に被せる様な形で反論する氏の態度が大嫌いで、あの当時、逮捕・起訴された事について半ば「ざまあみろ」と思っていたのは確かだった。
 
 だが、法を学び、検察のリークとマスコミの騒ぎ方を小沢氏の関連で「目撃」し、或いは鳩山前首相の「対米自主路線」が潰される過程を見た中で、鈴木氏が罪に問われている事件が「果たしてそれは罪に問える内容だったのか?」という事が「疑問符」がついてきた。


 考えてみれば、散々騒がれた「件」は問題ではなく、全く違うところから「罪」ということが言われた。
 
 共産党は「ムネオハウス」で名を上げたが、それが何か法的問題として追及に値した訳ではない。 
 
 つまり、共産党は馬鹿騒ぎし、その点について何ら「名誉回復」はしていない。
 
 マスコミもいつもの調子で「叩ける時に叩いて騒ぐ」事はするが「名誉回復」はしない。
 
 特に鈴木氏の件では最高裁が上告棄却し実刑が確定するので、「ほら。悪い奴だったじゃん」という事で、もともと傲慢に叩きのめすだけのマスコミは、余計に名誉回復を「不要」とする事だろう。
 
 
 
 だが、小沢氏の件でも最初の西松建設の件で「天の声」というものを散々言い、まるで「贈収賄事件」であるかの様に報じられたが、今触れられているのは「不動産取得日の期ズレ」であったり「金があるのに銀行から金を借りた」なんていうあほらしいほどの理由で問題に「されている」のである。
 
 それでも小沢氏には、格別「小沢氏を守ろう」という人ではない私の様な人間が「人権・国民主権を守るべし」という観点から、検察やマスコミに対して様々な批判を展開する人が登場した。
 
 そうした「声」が、結果的に彼を守っている。
 
 特に、身内であるはずの民主党の議員が「説明責任」等とほざくに至っては、正直「議員の資格無し」とすら思い、そうした人でなし議員に対する反感から「小沢支持」になっている様な状況になっている。
 
 
 鈴木氏の件で、当時インターネットがあったら状況はどうだったろうか?
 
 その点を思うと、鈴木氏は実に不運な様に思われる。
 
 が、…
 
 これは「国民主権」(国民の国に対する要望を実現する手段としての議員の地位)の問題である。
 
 鈴木氏が無罪であるかどうか、判決文を読むだけでは恐らく実態は分からないに違いない。

 「その当時」どういう事が行われていたか?が問題なのだが、当時の記録はマスコミが今の小沢氏に対する様に「関係者によれば」等とした目くらましした記録が多い筈で、恐らく参考にはなるまい。

 また、一個人が裁判記録を漁って「ここに矛盾がある」とするにはさすがに厳しい。

 やはりここは弁護士に期待するしかない(≠谷垣、山口、仙谷、枝野、横粂)。


 尤も、鈴木氏は道民並びに全国の一部の人々からかなり愛されている政治家の一人でもある。
 
 裁判所やマスコミが名誉を回復しないとしても、国民が彼を活かすだろう。

 私も彼が元気に社会復帰し、名誉を回復し、日本国のために再起する事を願う。 




                                 
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1574