スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< マリーアントワネットの如く 〜2011年1月12日 民主党両院議員総会〜 | main | 小沢氏=藤尾代議士? 〜テレビ朝日「告発〜国選弁護人」〜 >>

権力亡者の「仕切り方」 〜民主党定期党大会〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 2011年1月13日 民主党定期党大会






1/13 23:30 差し替え

2011年1月13日 ニコニコ動画の生中継の「録画」より


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





 定期党大会 見せ場は後半31分頃から見ていただければ直に起きる(差し替えに伴い記述変更)。
 
 
 会議次第で言えば
 
 議案採択 → 地方自治体議員表彰 
 
 と至る過程である。


 32分06秒〜
 
  
 「一括して満場の拍手でご決定を頂きたいと存じます」
  
 「賛成多数」
 
 その間約2秒・・・

 
 直後、会場が騒然とし、衆議院議員席、参議院議員席から人が立ち上がって何かを訴えているのが見える。
 
 議長が提案・質問を受け付けない事になっている…という事を宣言し、地方自治体議員がぞろぞろと出だし、議事進行は続行された。
 
  
 
 それが「記者クラブメディア」の手垢がつくとこうなる。
 
 
 
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





◎ 民主、夏までに政権公約見直し 綱領策定も

 民主党は13日、千葉市内で定期党大会を開き、岡田克也幹事長が、

(1)衆参両院選マニフェスト(政権公約)見直し
(2)現行2年の党代表任期の延長
(3)党の基本理念を記す綱領策定―について夏までに結論を出すことを提案
 、了承された。
 
 また、「政治とカネ」の問題や4月の統一地方選への取り組み強化を柱とする2011年度活動方針も承認された。執行部に批判的な小沢一郎元代表は欠席した。

共同通信 平成23年1月13日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 国民はあれを見て「了承された」と評価したか?
 
 少なくとも私には「強引に申し渡した」という程度のものに過ぎないように思われる。
 
 
 公式に民意が表明された「脱小沢後」の選挙においての連敗を、岡田は「党は割れてない」「沢山の実績を残している」と強弁しつづける事で乗り切ると言う。
 
 だが、彼は唐突に出してきたTPPや消費税増税の話についての「説明責任」からは完全に逃げた。
 
 「熟議」を標榜した連中がこのザマだ。
 
 国民は何時でも「加工されていない情報」−ニコニコ動画や岩上安身氏のアーカイブ集を見ることが出来る。
 
 そんな状況下においての話なのである。 
 
 両院議員総会で投げられた質問に対して、まるで記者クラブメディアの切り取り報道の様に答えやすいものについてのみ答えて逃げる事が彼らの「回答」だったと考えれば、我々は機会を捉えてハッキリと意思表示する必要があろう。
 
 
  
           
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1613