スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ドラマの中でも無責任なマスゴミ | main | 小沢氏起訴前無罪推定論の誤謬の「誤謬」 >>

予算流用疑惑?! 〜政府専用機維持費で官庁が勝手にやり繰り〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ <政府専用機>退役へ 経営再建中の日航、整備困難に


 首相ら要人の外遊や緊急時の在外邦人救出に使う政府専用機「ボーイング747−400型」2機が数年以内に退役する方向となった。「あと10年は使える」(防衛省)というが、機体整備を委託する日本航空が今年度中に同型機を全て退役させ、整備が困難になるため。政府は近く検討委員会を開催し、新型機購入の方向で検討するものの、財政状況が厳しい中「民間機をチャーターすべきだ」との意見も出ている。【樋岡徹也】

 防衛省などによると政府専用機は91年、米国の対日貿易赤字減らしに協力するために2機を360億円で購入した。日航に機体整備や搭乗員教育などを委託しているが、経営再建中の日航は燃費の悪い同型機を今年度中に退役させる方針。部品や人員の関係から、数年後には整備を受けられなくなる見通しになった。

 自衛隊が自ら整備するには、設備や器材などをゼロから用意しなければならない。数百億円を超える経費が必要で「費用対効果の観点から適当ではない」(防衛省)という。このため、新機種導入の是非など今後の方針を決める必要があり、政府関係者は「人気機種はオーダーから納入まで数年はかかり、改装や飛行訓練も考慮すると、再来年度予算の要求までに決めないと間に合わない」と話す。

 ただ、政府専用機の必要性への理解が十分に得られている状況ではない。日航が政府専用機の整備だけのために部品や人員を確保するとコストが上がることから、防衛省は11年度予算の特別枠に、前年度より11億円多い41億円を維持費として要望した。しかし特別枠を巡る「政策コンテスト」で、A〜Dの4段階評価でC判定となって17億円しか認められず、他の予算を削って維持費を捻出せざるを得なくなった

 政府関係者は「先進国は全て政府専用機を持っている」と説明する。だがコンテストで公募した意見でも「事業を実施する必要があるか」の問いに、約6割が「そう思わない」と回答した。


◇政府専用機

 約150人を一度に輸送でき、日本から北米や欧州まで無給油で飛べる。会議室のほか盗聴されない秘匿通話装置やインターネットが利用できる装置もある。航空自衛隊千歳基地に所属する自衛隊機で、パイロットや客室乗務員も航空自衛官が務める。

 
毎日新聞 平成23年1月24日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





他の予算を削って維持費を捻出せざるを得なくなった。


 こんな権限を行政官庁に認められるのだとすれば、財政民主主義は何時でも破られる事になる。
 
 緊急時ならばいざ知らず、既にその問題が論じられ結論が出ている「予算割り当て」について、勝手に官庁が予算を流用するというのは違法な「予算流用」に当たる。
 
 予算流用の違法性の重大さについては、かつて日露戦争時に活躍した戦艦三笠にまつわるエピソードがウィキペディアにのっている。


(西郷が)海相を退いた後、主力艦の手付金を払う必要が生じたが予算がない状況に陥った。山本権兵衛海相から相談をうけた西郷は「それは予算を流用するしかない。もちろん大変なことだから万一の時は二人で二重橋の前で腹を切ろう」と答え、主力艦を購入した。その時に購入した軍艦は、後に日露戦争で大活躍した三笠である。

ウィキペディア 西郷従道 より引用



 この事からも分かるように、予算流用が「腹を切る」覚悟が必要なほど重大な罪なのだ。


 それに、「他の予算を削って」という事もまた問題である。
 
 これこそ「削られる余裕のある予算」が存在しているという証拠である。
 
 という事は、菅民主党が「無駄を徹底的に省く」という仕事を果たしていない証拠がここにある…という事でもある。
 
 
 菅民主党はこんな調子で消費税増税やら法人税減税を言いだし、かつ自賠責やら年金支給開始年齢引き上げやなんやかやと「本山」である消費税「以外」でせっせと「増税」しているのが実体だ。
 
 何といやらしい政権か?
 
 これのどこが「熟議」で「クリーン」で「オープン」な民主党なのか?
 
 馬鹿馬鹿しくて話にならない。
 
 
 それにしても、バカ記者クラブメディアの一つである毎日新聞はその点について完全にスルーしている。

 官僚から記事を貰って掲載枠に文字を当てはめるだけの「官報メディア」ぶりの現れなのか?…全く権力監視が出来ていない。
 
 だから毎日新聞はマスゴミとバカにされるのだ。
  
  

                  
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意
 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1627