スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 毎日「切り貼りねつ造」新聞 〜石川議員の供述をねつ造した事件で毎日新聞がねつ造〜 | main | 牙をむくTPP 前哨戦 >>

頼りにされたがっている日本人の心をくすぐるアーミテージの「策謀」

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 米国元高官「日米同盟の役割理解できなかったの鳩山氏だけ」

 共和党きっての知日派であるリチャード・アーミテージ元国務副長官(66)は、日米双方で積極的に発言するなど、今なお米国の外交政策に影響力を持つ。同氏はこれからの日米同盟がどんな意味を持つと考えているのだろうか。アーミテージ氏に聞いた。

――中国の台頭を受けて、日米同盟の重要性は変わる?

アーミテージ:中国の台頭は21世紀前半のアジア、そして世界にとっての最も重要な問題である。そしてそれが日米関係にとてつもないインパクトを持つことは火を見るより明らかだ。すでにその徴候は、尖閣諸島での中国漁船衝突事件(10年9月)や中国空軍戦闘機による海自の情報収集機に対する威嚇行動(11年8月)などに如実に表われている。

 中国の台頭を受けたアジアの戦略環境下において、日米同盟の重要性が高まることはあっても、低くなることなど想像できない。日米同盟はアジア全体の安全保障にとって、これからますます重要になる。

 日本に基地があり、米軍が即応態勢を維持していること、そしてこの基地に駐留している米軍が、日本の防衛のためだけでなく、アジア諸国との軍事協力を進めて地域全体の安全と安定に寄与していることを忘れてはいけない。

 鳩山政権時代に日米関係が最悪の状態になったことが示すように、それらに対する理解が、日本では不足していると思う。

 当時、北朝鮮と中国を除く全てのアジア諸国が日本を次々に訪問して、外務省に対し「米国との関係を改善して欲しい」と懇願していた。これは、安定した日米同盟が、アジア全体の安全保障に不可欠であることの証左と言えるだろう。

 在日米軍の駐留に反対している中国と北朝鮮を除けば、全てのアジア諸国が、地域全体の安定に日米同盟が寄与していることを理解し、日本に感謝している。残念ながら、日米同盟がアジアで果たしている役割を理解できていなかったのは鳩山総理だけだった。次の菅総理は、少しは理解していたようだが……。

※SAPIO2012年1月11・18日号 
 
NEWSポストセブン 平成24年1月14日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 何の論証もないどころか、反証なら沢山できるこの話にコロッと騙されるのが日本人の「人の好さ」である。
 
尖閣諸島での中国漁船衝突事件(10年9月)
中国空軍戦闘機による海自の情報収集機に対する威嚇行動(11年8月)

 
 これらは今なお日本に不当に居座っている在日米軍が「居る」時になされた行動である。
 
 要するに現実としては「別に米国軍が居ようと居まいと関係ない」という事であり、アーミテージの言うような「貢献」は何も無い。
 
 そう。アジア全体どころか、日本の安全保障に対してですら「寄与していない」のである。
 
 ただ基地を専有し、訓練の為に騒音を撒き散らしはするが、別に中国の威嚇に対してスクランブルをかけてくれる訳でも何でもない。
 
 「即応体制をとっている」といっても、「体制」だけとっている「張り子の虎」であるという事を中国は知っているのである。
 
 
アジア諸国が日本を次々に訪問して、外務省に対し「米国との関係を改善して欲しい」と懇願していた。これは、安定した日米同盟が、アジア全体の安全保障に不可欠であることの証左と言えるだろう。


 等とほざいているが、何の「証左」にもなっていない。

 本当にアジア諸国が日本に米軍が居座る事を求めるのであれば、基地負担をそれらの国々が負担するのが「当然」ではないか。
 
 つまり、日本が全部を背負い込む必要が「無い」事の「証左」しかこの文言には「無い」のである。


 それにだ。
 
 アジア諸国と簡単にひとくくりで言うが、彼らの貿易相手国はどこか?

 日本と同じで中国ではないのか?
 
 そのアジア諸国は中国との関係を悪化させたくないので、日本を中国と闘わせたがっているという見方をする方が分かりやすい。

 それは米国も同じで、結局自国の利益の為に言っているだけで、日本の利益など関係なく言っている
 
 そういう「共通の利害関係」から、アーミテージの言う「アジア諸国」は米国に「日本の外務省にこう言え」と唆され、利益を見いだしたが為に、その「証左」とされる事を言っているのである。
 
 
 日本が幾ら感謝されようとも「不可欠」というには余りにお粗末な「現状」と「負担の不公正さ」はいい加減、是正されて然るべきだろう。 
 
 そういう事を一言も触れず、ただアーミテージに好き勝手言わせて「うんうん」とうなずいている馬鹿なメディアこそ「勉強不足」と言える。
 
 日本を米国の属国にしようと企むアーミテージを「知日派」等とする人々の正体も、我々は疑う必要があろう。 

 
 中国の台頭に関して米国が打っている「手」というのは、「中国と対立せよ」とけしかける「この記事」によって正になされている事を知るべきだろう。
 
 要するに、…
 
 たかがこれしきの発言で手のひらの上で転がされる間抜けっぷりに、いい加減に気づいて方針転換すべきなのである。
 
 
 戦争では国費も人材もモラルも失う。 

 今の米国は他国を侵略したそういうツケを払うのに、もだえ苦しんでいる。
 
 今こそ「取引」に最適な状況なのに、TPPという悪法で日本全体を「貢ぎ物」の様にしようという馬鹿な日本の政権が、日中関係をも日本人自らの手で破壊しようし始めている。
 
 
 アーミテージのこんな空疎な発言に日本が踊らされるとすれば、早晩日本はガランドウになって終わるに違いない。

 
 
 
   
  
                                 
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1759