スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 原発作業員の「死」 〜国・東電・マスゴミの共謀共同正犯〜 | main | 感情論は健康を担保するか? 〜SAに捨てられる福島の産物〜 >>

「がれき受け入れ」に見る「絆」という言葉のいかがわしさ

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 橋下大阪市長ウォッチ

がれき受け入れ要請の首相を高評価 「すごい覚悟持たれた決断」


 橋下徹大阪市長は2012年3月12日、被災地のがれき処理をめぐる野田佳彦首相の発表内容について、「すごい覚悟持たれた決断」と高く評価した。市役所で語った。橋下市長はがれき受け入れに前向きな姿勢を示している。

 野田首相は3月11日、災害廃棄物処理特別措置法に基づき、被災3県を除く都道府県にがれき受け入れを要請する考えを示した。
 
 
議員の反対に「絆と言っていたのは何だったのか」

 橋下市長はがれき受け入れを前向きに検討している。しかし、2月下旬にあった市議会の関係委員会では議員らから慎重な意見が相次ぎ、橋下市長は「震災直後に絆とか支え合いと言っていたのは何だったのか」と訴えていた。

 がれき処理は、まだ全体の6%程度しか進んでいないとされる。受け入れを表明する首長がいても、安全性に不安を訴える住民らの強い反対に合い頓挫した例もある。

 橋下市長は3月12日、国が枠組みをつくればがれき処理問題は進展するとの考えを示し、「大いに期待している」と話した。

 3月12日には、福岡県の北九州市議会が、がれき受け入れを市に求める決議を全会一致で可決している。

J−CASTニュース 平成24年3月12日 より全文引用



意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします






 東北地方にあるがれきを「絆」と称してわざわざ遠方に運ぶ意味は何か?
 
 がれき処理には無論「処理費用」が掛かる。
 
 それを請け負えれば当然「カネ」になる。
 
 だから、がれき受け入れに被災地と無関係な地方自治体が前向きなのは、別に「絆」を強める為などではない。
 
 「カネのなる木」だからだ。
 
 もし「絆」を言うのであれば「疎開先の提供」こそ先に口にせねばならない筈である。

 そして、仕事のない東北地方の復興の為に、そうした仕事はそれこそ「地元で」と言うべきであろう。
 
 「絆だ絆だ」と言って押しかけて、エサにたかるが如き「がれき処理の受け入れ表明」は、被災地の仕事のタネを奪い、無駄な輸送費を国民に支払わせる愚策と言うほか無い。

 被災地にカネが落ちるような配慮をする事こそ「絆」である。
 
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
 それに…
 
 そもそも東北地方の人々は、がれき処理が「6%しか進んでいない」事を嘆いているだろうか?
 
 否である。
 
 まず、元凶の一つである原発事故は一向に終息していない。放射能漏れは今も続いている。
 
 悪いことに、先の爆発で、一度崩壊したものが再度地震に襲われたら「こんどこそ終わり」と言われている4号機の使用済み核燃料プールに対して懸念されているのである。
 
 風が吹けば放射能物質が埃と一緒に舞い上がり、住民が吸引して内部被曝をしてしまう恐れは今も続いている。
 
 つまり「福島第一原発をまずなんとかしろ」というのが彼らの言い分であろう。
 
 でなければ、がれきを処理したとしても、スッキリした町全体に新たに放射線物質が舞い落ちる…という事が考えられるからである。
 
 
 がれき処理はそうした懸念が払われない限り動かすべきではないだろう。
 
 がれきが福島の大地に新たに降りかかる放射能汚染物質の「受け皿」になっている面もあるからだ。
 
 
 
 また、津波対策と新たな都市設計がどこまで進んでいるのかにもよる。
 
 復興を優先する地域が決まれば、そこから順に地元の人々の「仕事」としてがれき処理をするばよい。
 
 しっかりした目途さえ立てば、その歩みが多少遅くても、被災地域経済を潤し、復興に弾みが付くのだ。
 
 
  
 がれきをわざわざ関東・関西・北陸・九州の様な遠くに運ぶカネがあったら「疎開費用」「健康検査(治療)費用」「賠償費用」「復興政策」に多少でも回すのが筋である。
 
 我田引水の為に「絆」という言葉を隠れ蓑にする事に正当性は全くない。
 
 
 ・・・・  ・・・・   ・・・・   ・・・・   ・・・・  ・・・・   ・・・・
 
 
 ちなみに、がれきの放射能汚染度はベクレル表示でなされる。
 
 これは濃度で表されるので、普通のがれきと高レベルの放射能廃棄物との混合比を変えれば数値上の危険値は下がる。
 
 実質的な危険度は、例えば燃えるゴミの袋の中に釘1本が混入されているのと同じで、それが何かの拍子に人を傷つける可能性は、無いではない。
 
 逆に言えば、処理の仕方次第でその辺りの問題は多少改善するだろう。
 
 
 とはいえ、…
 
 廃炉される原子炉、使用済み核燃料等、処理しなければならない高レベル放射性廃棄物は、地盤が良く、地下水があまり通っていない場所に一括管理する必要がある訳で、そういう都合の良いところはあまり存在しないし、反対運動が起こるだろう。
 
 そうした土地を提供する事こそ「絆」と言うべきだろうが、そんな事はどこの自治体もこれっぽっちも言い出していない。

 それがこの「絆」を表看板とした受け入れ表明の「正体」なのである。

 
 ま、確かにそこまで言うのは言い過ぎかも知れない…としても、「絆」と言いたいのであれば、がれきの焼却処理施設を福島第一原発の20km圏内に設置し、そこで処理してできた「濃縮されたがれき」くらいは受け入れるべきだろう。
 
 それだったら運搬量・費用ともにだいぶ減るので国民負担も軽減される。
 
 放射能リスクを被爆地と分かち合う事になるので、それは確かに「絆」と言いうるだろう。
 
 だが「絆」と言っておいて結局「田舎にリスクを押しつける」が如き事をやれば、結局今までの原子力行政と同じで信用されることはない。
 
 
 どうなの橋下さん?
 
 やっぱり「カネのなる木」が欲しくて、放射性レベルの低くて体積が大きなままのがれきが欲しいか?
 
 
 




 
 



           
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1770