スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 3.11以後の大飯町「原発再稼働容認」の意味 | main | デモクラット 逝く >>

自称「知的」な新聞

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 社説:修正協議への提言/消費税 軽減税率の導入に動け

(前半 略)

◇「知識課税」を避ける

 欧州の軽減税率のもうひとつの特徴は「知識課税」は避ける、という思想だ。新聞や出版物などは伝統的に民主主義のインフラとみなされ、「所得にかかわらず国民等しく情報に接する機会を確保すべきだ」という考え方である。

 フランスでは業界と行政機関の専門家による委員会で、どの活字メディアを軽減税率の対象にするかを審査している。わが国なら日本新聞協会の新聞倫理綱領を掲げるものとするのも一法である。そのほか媒体の実情を踏まえたルールを設ければ、おのずと範囲は定まるだろう。

 軽減税率の理念とその範囲を確定することは政治そのものである。国柄に関わると言っても過言であるまい。政治はむしろ、それを積極的に引き受けるべきである。

 また、複数税率には「仕入れ税額控除のためのインボイスが必要になる」という反対論がある。しかし、今日ではパソコンで帳簿をつけている事業者がほとんどであり、電子帳簿で対応できるという見方もある。
 
 政府は消費税の逆進性対策として「給付付き税額控除」の創設を打ち出しているが、問題が多い。前提として所得や資産状況を把握し、高所得層・大資産家への還付がないようにしなければ、逆進性対策の趣旨に反する。そこで「社会保障・税に関わる共通番号制」を創設するというのだが、これによって所得や資産が把握できるわけではない。

 さらに、税還付の前提として、すべての人が確定申告する必要があるが、税務当局の人員をそれができるほど増強するのは無理だ。実情がそうである以上、この制度には不正受給がついて回る。それを回避しようとすれば、バラマキになる。

 欧州の制度にも問題はある。しかし、実際に円滑に機能し福祉国家を支えている。消費税制度の整備を考えるなら「現実」に学ぶべきだ。


毎日新聞 平成24年6月10日 より引用
  
 
意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 世界でも知的レベルが低すぎて、ガセネタを購読者に掴ませてもまるで反省しない日本の馬鹿新聞が自らの存在を「知的」などと称し「伝統的に民主主義のインフラ」だから「軽減」されるのが”当然”であるかの様な話をする。
 
 よくほざくことよ。
 
 政治的責任はおろか、自己責任もとった事のない馬鹿新聞が「安くすれば買い続けて貰える」とでも思っているのだから嗤わせる。
 
 そこが頭の悪い…
 
 いや、正確には「頭の良さそうな人」(高級官僚とか)に無防備(勉強不足)のままレクチャーされ、その人と同意見を持つことで「何だかオレって賢く、かつ偉くなったような気分」になってせっせとその論調を拡散し、「それ以外の意見や考え方は存在しない」かの様に振る舞い、かつ振る舞えるように「談合」する。
 
 そう。
 
 一般社会で言えば「上司に媚びへつらうお調子者」。
 
 気持ち悪いことを「知的」等と称してやり続けているのがこの連中なのである。
 
 
 「情報の価値」という観点から言えば、彼らは非常にバイアスの掛かった情報を、しかも中間で搾取して情報受信者に高値で売る。
 
 ありていに言えば「バッタもん業者」である。
 
 中国を馬鹿にできる道理が全くない。
 
 
 
 その実例は、正にこの記事でも示されている。 
 
 例えば「増税しないとギリシアになる」と言う政府の当初の主張をそのまま安易に書き、「増税=税収増」という全く根拠のない「主張」をそのまま支持し「消費税増税賛成」を国民に刷り込もうとし続けている。
 
 世界有数の債権国=日本がギリシアになるのであれば、そのまえに我が国に債務を負っている国々は先にギリシアになっていなければなるまい。
 
 そこはどこか?
 
 
 そして、何故ギリシアは失敗しているのか?
 
 それも言わない。
 
 
 肝心な話題は完全にスルーして「増税しろ!しかし我らの売り物(ゴミ情報)は軽減税率の対象にしろ」等とほざく。
 
 民主主義のインフラを称するほどの仕事は何もしていない。
 
 ヨーロッパで言われていることが、そのまま日本に当てはまる等いう馬鹿な事を言う前に、お前等にはやることがあろう。
 
 その一つは少なくとも「記者クラブ」の解散。
 
 もう一つは「メモ合わせ」等という無様な「談合」。
 
 原発事故後、東電からもらったお金を「直ちに」全額「放射能汚染で戻れなくなった人々」に差し出す事である。
 
 そして、国民にわびることがあろう。
 
 「今まで民主主義をねじ曲げ、人権を破壊してきた事」についてである。
 
 
 
 ま、そんな謙虚な心があった…、こんなデタラメな国になる前の抑止力になっていただろうし、…無論、「増税」も必要になっていなかったであろう。
 
 ましてや田代不起訴の流れについて強い批判もできただろう。
 
 だが、…
 
 そこへの反省もなく、かつ国民から求められもしていないのに「自分達だけは別枠で優遇しろ」等と厚顔無恥にも言ってしまう事も無かっただろうが…
 
 
 
 
 
    
                  
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1777