スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 幼稚党員であるということ | main | もはや「人でなし」のレベル >>

振り回される前に 〜ランキングという誘惑原理〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎「THE世界大学ランキング2012-13」公開、東大は3つ順位を上げる

 英タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)は10月4日に「世界大学ランキング2012-13」を発表した。1位は2年連続となるカリフォルニア工科大学、東京大学は3つ順位を上げ27位にランクインした。

 THE世界大学ランキングは、すでに発表されている上海交通大学の「世界大学学術ランキング(ARWU)」と英国の大学評価機関が公表する「QS世界大学ランキング」に並ぶ主要大学ランキングのひとつ。

 THEの評価指標は、教育、国際性、産学連携収入、研究、論文引用の5項目。教育項目での評価は、教員当たりの生徒数や教員当たりの博士授与数などから算出され、国際性は外国人教員比率と外国人学生比率から評価される。産学連携収入に関しては、教員当たりの産学連携収入、研究項目では、教員当たりの研究収入や論文数などが指標とされる。

 今回のランキングの1位は、総合得点が100点中95.5点だったカリフォルニア工科大学。2位には、前年4位だったオックスフォード大学とスタンフォード大学がランクイン、その後ハバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)が続いた。日本の大学では、27位にランクインした東大が最も高く、54位の京大、128位の東工大、137位の東北大が続いた。

 全体的にはランキングの常連校がトップ20にランクインしたが、中国、シンガポール、韓国、台湾の大学の成長がめまぐるしいとTHE編集者のフィル・バティー氏は分析する。北京大学は49位から46位に、清華大学は71位から52位と大幅にランクアップし、シンガポール国立大学は、40位から29位に、南洋理工大学は169位から86位まで上がった。ランキングの上位常連校と東アジアの大学の差が急速に縮まっているのが現状だとバティー氏は解説する。

 2年連続の1位となったカリフォルニア工科大学と27位にランクインした東大を比較すると、国際性と産学連携収入の2項目の差が大きい。100点中、国際性項目においての東大の評価は27.6点、産学連携収入は59点とカリフォルニア工科大学を大きく下回る。評価が大きく上がったシンガポール国立大学は、国際性で92.3点を獲得し、東大との差は明らかだ。その一方で、東大の教育や研究といった項目の評価は高く、カリフォルニア工科大学と大きな差はないようだ。

 今後、日本の大学が世界ランキングにおける評価を上げていくためには、外国人教員比率と外国人学生比率を上げていく必要性が改めて明らかになった。
《湯浅 大資》

RBB Today 平成24年10月4日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





 この国の大方の国民において「自己責任」…この言葉を日本人自身が言うときは、行政府が責任逃れをするために使われるが、ここでは違う意味で使うので混同しないように。…は成り立っていない。
 
 そもそもこの国の大方の国民にとって「自立」というときは「経済的自立」を差して言う場合が多く、結果、拝金主義的な世渡りが奨励される。
 
 いわゆる「ノンポリ」等という態度はその典型であり、常に「多数派」(雰囲気にすぎないものを含めて)に属し、「少数派」(という風にしたがる一部勢力のプロパガンダによる”空気”も含む)に対してくだらない批判を加えるのが常だ。
 
 昨今多く使われるのが「大衆迎合」という言葉である。
 
 で、そういう言葉を多く使って己の意見をまるで「賢者の意見」であるかの如く印象づけ、押しつけてくるのが「大衆紙」である。
 
 まさに「大衆」を扇動している「大衆紙」が「大衆迎合」とやるのだからお笑いぐさだが、それにまんまと引っかかるのが「大衆」であり、それを扇動して己の意見に引き寄せ、「迎合」させた張本人たる「大衆紙」が自己暗示にかかっておかしさを増していく。
 
 こういうおかしな増長が起こるのは「偏差値」の問題ではない。
 
 むろん「ゆとり教育」が悪いわけでもない。
 
 自分に「何を持って良しとする」のか?という「自分自身が組み立てた規範」を持つ事の大事さを学んでこなかったからである。
 
 
 こんなことは学校では教えない。
 
 が、原発・放射能に関する詭弁にふれるまでもなく、そこに「気づく」機会は山のようにある。
 
 それは恋愛においても、ファッションにおいても、商品選びにも必ず潜んでいるものである。
 
 恋愛やファッションは「TVドラマ」を真似て、商品選びは「雑誌」や「ネット」での口コミだけに頼るという生き方をしてきている流れで、(このあたりは別に他者への害悪はないので好きにすればよいが)…
 
 例えばこの様な「他人が作ったランキング」に振り回される…という事もあるだろう。


 日本の大学も「偏差値ランキング」なるもので位付けされてきているので、この手の記事も素直に「へぇ、そうなのか。日本の大学は国際的に見るとそんなに下なのか」と思う人がいる事は容易に想像がつく。
 
 だが、例えば「債権の格付け機関」が本当に妥当な評価をしているなどと考えている人はさすがにほとんど居ないだろう。
 
(ex.オリンパスの問題で格付け機関が何時警告を発しましたか?)

 同じように、この大学ランキングも「まゆつば」である事は言を俟たないだろう。
 
(ex.原発問題で東大がどのくらい原発の安全性に寄与した?)
 
(ex.ハーバードが一般のアメリカ国民を何時幸せにした?)



 ああいうランキングをわざわざ作るのは、作った側の思惑を入れたいからである。
 
 どういう思惑かは、特にこのランキングの特徴(おかしな点)を見れば判る。
 
 私は国際性、産学連携収入等という2点にあると考える。
 
 
  
 国際性とは何か?という事が、たかが外国人教員比率と外国人学生比率等というのだから笑わせる。というか実にくだらない。 
 
 そもそも「学術」というのは国境を越えるもの。
 
 外国人が書こうが日本人が書こうがそれは同じ。
 
 日本にいたら日本国内にある大学の論文しか読めない…という訳でもない。
 
 だから、これを上昇させることの意味がわからない。
 
 
 また、産学連携収入というのも不思議な話だ。
 
 国からの研究費は「国が求める研究」について、選考後割り当てられる。
 
 産業界(財界)からの研究費も「産業界が求める研究」について、研究委託(あるいは共同研究など様々な形で)される。
 
 つまり、「俗世」に近いところとの結びつき度(もっといえば、凡人にもわかりやすく効果が得られるもの)の高いものに「連携収入」というものがついてくる。
 
 それって本来の大学の仕事か?
 
 企業が自前で研究をするよりも、大学を使ってやった方が「安上がり」と踏んだにすぎなかっただけではないか?
 
 
 こんなものをランキングに加えた事の意味、そしてそれによって東大のランキングが上がったという事の意味は興味深いが、ランキング自体、如何に「主要大学ランキングのひとつ」であると吹聴されても私には「大学の価値」を見定める指標にはなり得ない。
 
 偏差値が高いことは認める。
 
 しかし、こうしたランキングの上位に登場しながら人々を幸せにした成果を残さない、反省しない大学など、社会に殆ど影響力を及ぼさない三流大学より「たちがわるい」と私は思っているし、そんなランキングの中で「上位をねらえ」とハッパをかけている人を見ると、ひどく痛々しく感じるのである。
 
 
 己の価値を己自身で信じられない奴が、こうしたランキングでいいように振り回されて、結局上位にランクされずじまいになる…という未来が見えるからだ。
 
 
 はっきり言おうか?
 
 ランキングを作った者の思惑にお付き合いしてくれる健気(馬鹿)な大学を公正に評価したいのではなく、今、自分が高い評価を与えたい大学(個別具体的な大学であるかどうかは問題ではない)をそのランキングを使って「宣伝」もしくは「自分たちにとって都合の良い大学を増やしたい」だけだからだ。
 
  
 そろそろ世論調査にせよ、各種ランキング、格付け機関による債権の格付けが「やらせ」である事に気づけ。

 そして、自分が考え抜いた規範でランキングを作ってみよ。

 それが面倒ならば、慎重にただ見守るだけにすべし。

 迂闊に訳知り顔で論じたが最後「馬鹿」がばれる事は必定だからだ。


 私も気をつけねば…

 
 
 
 
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1785