スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 振り回される前に 〜ランキングという誘惑原理〜 | main | 秋田公立美術大学の不認可事由 >>

もはや「人でなし」のレベル

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 航空機衝突まで議論、原子力規制委の本気度
 

 航空機落下からテロの可能性まで議論の俎上に――。

 10月10日、第4回の原子力規制委員会が開催され、新たな原発の安全基準の柱の一つとなるシビアアクシデント(炉心の著しい損傷などの重大事故)対策規制に関する検討手法などが議論された。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故が図らずも高い代償を払って証明したように、日本の原発の重大事故対策は国際的にも遅れをとっていた。政府の事故調査報告書にも述べられているが、事故対策の対象範囲が狭く、東日本大震災のように巨大な地震や津波を想定していなかったこと、さらに電力会社の自主規制に任されていたことが規制上の決定的な欠陥となっていた。規制委では、これをいかに抜本的に見直して国際的にも先進的な対策を作っていくかをテーマとしている。

 シビアアクシデント対策規制は全体の安全基準とともに、来年3月までに骨子案をまとめ、パブリックコメントを募集したうえで同7月に公布・施行の予定。時間的制約について委員からは、「普通なら5年かけてもおかしくないような内容」(更田豊志委員)、「やや殺人的なスケジュール」(田中俊一委員長)との言葉も出ていた。

 今回の委員会で事務方の原子力規制庁がまとめた検討項目では、設計基準を超える「外的事象」として「設計基準を超える自然現象」や「意図的な航空機衝突、テロリズム」が挙げられた。原発は地上に比べて上空からの落下物や攻撃等に対して脆弱とも言われるが、「航空機落下などが起こっても、重大事故にならず、環境への放射能の放出が起こらないような対策が必要」と田中委員長は話す。

 航空機衝突が起こっても原発の安全を確保するためには、どのような設備が必要なのか。人為的テロをシャットアウトするためにどんな対策が必要なのか。それらは本当に可能なのか。そうしたことが今後議論されることになる。

 安全基準の厳格性について記者会見で問われた田中委員長は、「むやみに基準のハードルを上げるつもりはない。ただ、日本は厳しい自然環境にあることも事実であり、それを踏まえたハードルは譲るわけにはいかない。それで原発の再稼働が遅れてもやむをえない」と述べた。

 これまで国際的に後手に回り、手抜かりがあった重大事故対策、防災対策のレベルをどこまで引き上げるのか。国際原子力機関(IAEA)が定める国際基準と同等のレベルにとどめるのか、それとも世界で最も厳格なレベルまで高めるのか。それによって原発再稼働や新増設の可否やタイミング、電力会社のコスト負担も大きく変わっていくだけに、注目を怠れない。
 
(中村 稔 =東洋経済オンライン)

東洋経済オンライン 平成24年10月10日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





 3.11以降、本当に一番怖いのは、こういういい加減な記事を書いて読者を洗脳するマスゴミではないかと思えてならない。
 
 どんなにお題目が立派な「対策」(カギ括弧つきの対策)となって出てきたとしても、「最初」…つまり、「見たくないモノ・信じたくないモノ」でも完全可視化することを怠っていれば、そこが外されれば容易に「想定外」といって言い逃れする事になろう。

 最初が「ごまかし」からスタートする以上、その後の判断部分を如何に厳格にやった(フリ)としても、「ごまかし」がどこかで是正される訳もない。

 事が起きたら「全く信頼性に欠けるもの」だった事が「後」になって分かるという始末になる事を、我々は3.11以降、深刻に受け止めた筈なのである。
 
 ところがだ…
 
 相変わらず言葉だけが「シビア」になるだけで、やることは常に「立派な空中楼閣」を見せるがごとき「詐術」ばかりが行われる。
 
 
 この記事でわかりにくければ、一番わかりやすい事例を出そう。
 
 北陸電力・志賀原発の活断層の調査について国が命じた内容である。
 
 「当事者」である北陸電力に、以前の調査で「活断層はない」と言い張り続けてきた北陸電力に、…そして、「仮にあっても再稼働する」と言っている北陸電力に、国は活断層の有無の調査を命じたのである。
 
 八百長も甚だしい。
 
 
 こんな事になったのは、九州電力の第三者委員会による厳しい公表の「二の舞」を避けるために「八百長だろうが何だろうが」己らに都合の良い結果をもたらすために、「信頼性」なんぞ関係なくアリバイ作りを行うハラがあるからだろう。
 

 無論これは推測に過ぎない。
 
 だが、除染や復興予算の使途、「原発事故で放射能が原因で死んだ人間は居ない」という詭弁を恥も知らずに垂れ流す姿を見てきた。
 
 そこにはもはや「うまく誤魔化そう」ともしない強引さがあからさまに見えてきて、私はもはや彼らを同じ人間とは思えない気持ち悪さを感じる。
 
 
 わざと調べない。調べないので悪い結果は出ない。
 
 或いは出てきた「結果」(病名)だけを言い、原因を言わない。
 
 或いは原因の中の放射能による影響という部分だけはなぜかハッキリ否定するが、その根拠は無い。

 無論、どうして同じ現場で2年もたたないうちに「急死」者がそんなにでるのかについては明確には示さない。
 
  
 或いは、調べる人間が最初から八百長をやりかねない「前科者」(刑事司法の話ではなく、責任を1mmもとらない原発村や財界の話)が、「真実」が大事なところのど真ん中に関わる。
 
 そして、調べたモノは、これまた八百長をやりかねない「前科者」(略)によって「判断」され、「安全だ」と言われる。
 
 
 どこのプロセスを切り取っても「疑い」を挟む余地…というか、すべてが「余地」で出来ているといっても過言ではないほど「信頼のベース」となるものが一つもないのである。
 
 そして、そういう有様について全くつっこまないマスゴミ。
 
 
 
 真っ当な国民ならば、航空機落下等のテロを警戒する以前に、このグダグダで「今更」な話を警戒するだろう。
 
 日本の原発はこんなテロを警戒する必要すらない…としてきたのが、3.11以前の原子力政策だったことを、たった1年ちょっとで忘れる様な阿呆はさすがに居ないだろう?
 
 ま…
 
 あれだけ中国を「警戒しろ」と言い続けてきたマスゴミ・アメリカ・似非愛国者どもが北朝鮮の核兵器だけを警戒して中国の核兵器を全く論じないアホらしさには心底軽蔑したモノだが、…
 
 こういうのは「頭が悪い」というレベルで済む話なのだろうか?
 
 
 自分の教育が出来ていないのに、やたらと「教育改革」を叫ぶアホな政治家どもが、この問題についてどう答えるのか聞いてみたいものだ。

 
  
           
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
2012/10/11 1:07 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1786