スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< もはや「人でなし」のレベル | main | 石破茂的愚物 >>

秋田公立美術大学の不認可事由

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 「理不尽な決定」学生・保護者ら不認可を批判

 田中文部科学相によって、秋田公立美術大学(秋田市)への4年制化が「不認可」とされた秋田公立美術工芸短大。初代学長予定者である同短大の樋田豊次郎学長(62)は4日、同短大で記者会見し、「本当に心苦しい。学びたいと思っている人たちのチャンスを奪ったことに一番怒りを覚える」と憤りをあらわにし、不認可を撤回するよう訴えた。

 樋田学長によると、秋田市の大学設置準備室には4日正午までに、入学を希望していた学生や保護者からメールや電話が21件寄せられ、そのうち約半数が田中文科相の対応を批判する内容だったという。

 「地元に残りたいので第1志望で考えていた。どうすればいいのかわからない」といった困惑や不安の声が多く、「理不尽な決定には、専門家の意見を聞きながら断固対抗してほしい。頑張ってください」といった声もあったという。

 同短大は近く、3年次編入を希望していた学内の学生を対象に説明会を開き、編入可能な他の大学を紹介したり、就職など進路に変更がないか確認したりする。

 一方、4日は本来、認可後の美術大のオープンキャンパスが開かれる予定で、県内外から156人の参加申し込みがあった。秋田市は3日までに電話やメールで中止を連絡したが、既に宿泊施設などを予約していた遠方の学生や保護者6組が施設見学を希望。4日、市職員の案内で実習棟や図書館を見学した。

 広島市から訪れた高校3年の女子生徒(18)は、同大が第1志望だったといい、「4年制化が(志望の)決め手だった。今日も楽しみにしていたのに残念。(不認可で)進路をどうするかは全く決まっていない」と肩を落としていた。
 
読売新聞 平成24年11月5日 より全文引用



意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします




 まず最初に断っておくが、わたしは田中真紀子を評価していないし、フォローする気もない。
 
 ただ、私の主権者としての感覚からすれば、文科省と大学側の「前のめり具合」が気になってしょうがないのである。

 だから、この記事に着目した。

 
 田中大臣がまだ不認可の説明もしていない段階で(無論、その説明がなされるのを何時までも待ち続けるほど気は長くはないが)、読売が扇動(いわゆる「風を吹かせる」)記事を書いている様にしか思えない。
 
 
 私の疑問は、なぜ大学は文科相による「認可」前に前のめりに学生を勧誘・募集する様な事が可能だったのか?という事につきる。
 
 そして、未熟な学生は兎も角、親や教師達はなぜそれを指摘しないのか?…というところは大変問題である。
 
 大人として完全に何か狂っている。
 
  
 あれか?
 
 動き出した公共工事は止められないってか?
 
 「現時点では」という留保はつくが、これではまるで八ッ場ダムの二の舞を強要するかのようだ。
 
 
 
 大臣に対して説明を求める意見があるのは分かるし、私も聞いてみたいものだと思う。

 だが同時に、「認可前」でここまで事態を進めて「既成事実化」してきた文科省や大学側のやり口についてはじっくり話を聞いてみたい。
 
 
 
 石破茂自民党幹事長は、さっそくこの「風」を利用して「追及モード」に入ったようだが、官僚主導政党はこれを田中大臣の「独善」か「身勝手」と切って捨てて支持率アップに繋げるつもりだろう。
 
 こういう連中が「改革」と称してやることは、国民に負担をおしつけ、官僚(とマスゴミ)が起こした「(扇動)風」に乗って如何にも「ごもっとも」という顔をするだけのお調子者政治しか無い。
 
 自民党総裁の安倍晋三は年金問題の時どういったか?
 
 義務的に支払らされる年金の納入について「証拠があるならもってこい」的態度で社会保険庁を擁護したではないか。
 
 あの頃から全く変わっていない。
 
 無論、読売も変わっていない。
 
 
 
 しかし、我々は変わったはずである。
 
 「評価はマスゴミの力を借りずに自分でする」「情報ソースも自分で選ぶ」と。
 
 でなければ、この日本では、己の身を守れない(冤罪事件、原発・放射能問題等)…と。
 
 今、世間を賑わせている尼崎の連続遺体遺棄・行方不明事件とて、ハッキリ言えば「警察の怠慢」以外の何物でもない。
 
 事件が異様さを増し、容疑者とされる人物が怪物化したのは、当該人物が(報道通りならば…という留保はつくが…  というか、いちいち留保をつけないと信じ切れないのが今の報道だが…)「ここまでやっても捕まらない」という自信を深め、被害者は被害者で「警察は助けてくれない」と深刻に認識したからこそである。
 
 
 
 この国の問題から目を背けさせる「罠」は「主に」司法当局や官僚、マスゴミによって作られる。
 
 無論、政治家からもそうした「罠」は仕掛けられる。
 
 我々は常に「裸の王様」にされるいやらしい手に囲まれているのである。
 
 
 故に、マスゴミが作り出す「風」には気をつけねばならない。
 
 大学の不認可の事由は不明だが、「通常通り」に認可されていれば見えてこなかった問題を明らかにしたとも言える。
 
 だからといって、不認可の事由が「しょぼい」ものであても「許される」という訳ではない。
 
 
 何れにしても、現時点では、主権者である私には、マスゴミが作る「風」に乗ってやる必要もないし、大学側や学生の親たちに同情する事由もまた存在しない。

 
 
                    
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1787