スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< マスゴミの「ぶれ感演出方法」とそれに食いつく橋下徹 | main | 制度運用能力なき「憲法改正論」 >>

マイノリティー不安への作為 〜読売の「世論操作」〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 自民19%、民主・維新13%…衆院比例投票先

 読売新聞社は11月30日〜12月2日に衆院選の第2回継続全国世論調査(電話方式)を実施した。衆院比例選の投票先について政党名を読み上げて聞いたところ、自民党が19%でトップとなり、民主党と日本維新の会が各13%で続いた。

 無党派層は49%となお半数に近く、有権者が政党支持に迷っている状況が続いている。

 比例選投票先で自民は前回の第1回調査(11月23〜25日)に続いてトップを維持したが、挙名率は6ポイント下がった。前回3番目だった民主は維新の会と並んだ。先行する自民を民主、維新の会が一進一退で追う構図となっている。

 「卒原発」を掲げて新たに発足した日本未来の党は5%にとどまった。前回の「国民の生活が第一」と「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」との合計は3%で、支持の広がりはみられない。みんなの党は5%(前回2%)に伸ばした。

 投票先で自民が下がった背景には、安倍総裁が訴える金融、外交・安全保障政策に説明不足との批判が出ていることなどがあるとみられる。第3極の政党も伸び悩み、民主が相対的に盛り返した格好だ。

 小選挙区での投票先は、自民22%(前回27%)、民主13%(同9%)、維新の会12%(同14%)などの順。

 未来の党に「期待しない」との回答は70%に上った。
 
 
読売新聞 平成24年12月2日 より全文引用




意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



 「生活隠し」から始まって「未来隠し」等、存在感の消去に必死になってきた読売等のマスゴミ各社。
 
 それにもあきたらず、嘉田氏の発言をねじ曲げて「原発容認→修正」という「ぶれ演出」まで駆使した。
 
 そして、どんな世論調査をしたのかの「基本データ」(方式・設問内容・回答者数・有効回答率・年齢層・職業)が無いまま「結果」だけを見せる。
 
 これこそまさに「大衆迎合型世論調査」であり、一連の「世論操作」の成果…つまり「マスゴミ自身の影響力調査に対する通信簿」が「これ」なのである。
 
 無論、多少(或いは大幅に?)数字を舐めて自分たちに都合の良い勢力が「勢いがある」という演出も欠かさない。
 
 
 特にこの台詞…
 
 未来の党に「期待しない」との回答は70%に上った。
 
 
 いいねえ。読売らしい悪意に満ちたこの一言。
 
 ハッキリ言ってマスゴミにとって自民公明・民主・維新のどれが勝っても「我々(マスゴミ)にとって都合がよい」という本音がここに現れている。
 
 
 考えてもみよ。
 
 自民党や民主党、維新などに対しても「期待しない」という回答はあったはずなのである。
 
 だが、そこは出さない。
 
 何故?
 
 そもそも質問していないか、結果をどんなに「舐めて」も公表できないほど「悪い」かのどちらかだったという他ない。
 
 自民や民主・維新に対して「期待しない」という数字が小さければ、より自分たちにとって都合の悪い政党(日本未来の党)が大きな影響力を持つことを妨げられる「勢い」を見せつけられる…
 
 であるのに「出さなかった」。
 
 この不作為に意味がある
 
 
 
 
 そしてもう一点。
 
 あなた方は舐められている
 
 自分がどんなに脱原発・卒原発、反消費税増税、反TPPであっても「マイノリティーでは不安」でついメジャー(大多数が向かっているとおぼしき方向)に行きたがる連中である…という日本人観を読売新聞はもっている事を証明している。
 
 実は私も日本人を舐めている。
 
 いや、舐めていた。
 
 脱原発デモが起きるまでは。
 
 
 どう舐めていたか?
 
 それは、特に日本人は「空気を読む」「平穏大事」「一致団結大好き」という「群れる特性」があり、そういうところを見澄ました俗物達の「世論操作」で「優勢」とされるところの政党についつい投票してしまう程度の「見識」しかなく、無論「己の意見など持っていない」…そういうちょろい人達だと思っていた。
 
 だが、現実にはちゃんと声を上げられる。
 
 「有識者ぶる」という虚勢をとることを少しずつ辞めはじめた様に思う。
 
 
 簡単に言えば「迎合」をやめつつある。
 
 いや、…「違う迎合を見つけた」という言い方もあるかも知れないが…
 
 
 しかし、少なくともマスゴミと違う情報収集経路を持ち始めたと言っても良かろう。

 でなければ、恐らくこうした品格のない報道に化かされて、原発住民投票集めや脱原発デモも起きなかった。
 
 
 
 この読売の「世論操作」を見て余裕で笑っていられるのは、実は「日本未来の党」のフォロワー達であろう。
 
 「ぶれ」以前に支離滅裂なくせに「日本未来の党」に対するdisだけは欠かせない維新の様なデタラメ政党では「勢いがあるかどうか」だけで出馬辞退が起きた。
 
 それとは対照的に、日本未来の党の面々は多様で、こんな人も出馬するという。
 

 原発被災地からの立候補(※ フリーランスライター畠山理仁のブログ
 
 
 「勢い」というのは「強い思い」で出来ているものである。
 
 カネの問題でも無い。
 
 下らない「世論操作」で左右されていたら、こういう人は出てこない。
 
 
 
 今のマスゴミは「取材」しない。
 
 「自分にとって都合の良いものを取りに行く」だけである。
 
 そうやっておいて「大衆」に対して「扇動」を仕掛ける。
 
 民意を代弁する事もない。
 
 逆に、自分の意見と異なる動きには「大衆迎合」と批判する。
 
 ご都合主義者・読売新聞の記事は、彼らの「意図」がてんこ盛りで実にわかりやすい。

 
  
                    
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意 

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/1798