スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 終身刑創設という「茶番」 | main | 偽装された民主主義 〜西山記者事件 敗訴確定〜 >>

福田首相「辞任」

JUGEMテーマ:ニュース


◎福田首相が退陣表明、官邸で緊急記者会見

 福田康夫首相(72)は1日午後9時半から、首相官邸で緊急記者会見を行い、退陣する意向を明らかにした。

 首相は、8月1日に内閣改造に踏み切ったが、内閣支持率の低迷から抜け出せず、政権浮揚の展望が開けなかった。来年9月の衆院議員の任期満了まで約1年となり、民主党が対決姿勢を強める中、次期臨時国会の召集前に人心を一新して、今後の政局に備える必要があると判断した。

 自民党は近く総裁選を行い、後継総裁を選出する。麻生幹事長が立候補すると見られる。対抗馬として、小池百合子・元防衛相や谷垣国土交通相を推す声もある。

 首相は記者会見で、辞任を決断した理由について、「新しい布陣のもとに政策の実現を図っていかなければならないと判断し、辞任を決断した」と述べた。

 この時期に辞任を表明した理由については、次期臨時国会召集を間近に控えていることを指摘し、「今が政治空白を作らない一番いい時期と判断した。臨時国会が順調にいくためには、私がやるより、ほかの方がやっていた方がよりよくなるのではないか」と説明した。辞任の意向を固めた時期については「先週末に最終的な決断をした」と明かした。

 記者会見に先立ち、首相は1日夕、首相官邸に自民党の麻生幹事長を呼び、約1時間にわたって会談した。会談には、途中から町村官房長官も加わった。首相は、席上、麻生、町村両氏に辞意を伝えた。

 首相は8月29日に総合経済対策をまとめ、9月12日に臨時国会を召集し、補正予算案を提出する構えを見せていた。

 臨時国会では、新テロ対策特別措置法改正案や消費者庁の設置法案を成立させることに意欲を見せるとともに、衆院解散・総選挙の時期については、できるだけ先延ばしする意向を示していた。

 しかし、来年夏の東京都議選に集中したい公明党・創価学会からは、年明けの衆院解散・総選挙を求める圧力が強まっていた。与党内には、支持率の低い首相のもとで衆院選を戦うのは難しいとの声が広がっていた。

 首相は昨年9月、安倍前首相の退陣を受けて就任し、安倍改造内閣の17人の閣僚のうち、13人を再任した。政権発足当初から、民主党が参院で第1党を占める「ねじれ国会」が足かせとなり、政策面で実績を上げられずに苦しんだ。

 昨年11月には、民主党の小沢代表と会談し、自民、民主両党による連立政権構想を協議したが頓挫。民主党が対決姿勢を強める中、今年6月には参院で戦後初の首相に対する問責決議が可決された。

 首相は今年7月に、北海道洞爺湖サミットの議長を務め、8月初めに、政権発足以来初めての内閣改造を断行し、自前の内閣で政権浮揚を目指した。しかし、その後も支持率の低迷が続いていた。

読売新聞 平成20年9月1日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」の登録をお薦めいたします。




 もうアホでしょう。
 
 何やら尤もらしい言い訳しておりますが、詰まるところは「身から出たさび」を民主党を中心とした野党の責任に押しつけてるだけの話でしょう?
 
 自民党が「野党の意見をお聞きして」なんていう下手にでたのは、参議院選挙以降である。
 
 手のひら返して見せたってそれが嘘だったってことは再可決の時に明らかになったじゃないですか。
 
 「参議院が否決した理由」を何も考えることなく「はい、60日経ちました。再可決します」っていうんじゃ、「議会政治」なんて抽象的な言葉を使ったり「政権担当能力」やら「国際社会との約束」何て言って逃げてもダメダメ。
 
 「国民との約束」を果たさない、「政治による行政監視という仕事」の放棄・・・いろいろやらかしてくれた自公連立政権。
 
 
 
 こやつらは常に「自民・公明政権ありき」で話を始める。
 
 だからおかしな事になる・・・という事が、たった今でさえ分かっていない。

 
 自公連立政権に王権を与えた事は無い。
 
 ましてや国民は「自公連立政権じゃなきゃダメ」とも一言も言っていない。
 
 こやつ等は「選択肢の一つ」に過ぎないという「謙虚さ」がこれっぽっちもなかった。
 
 「郵政解散」時の勢力を、小泉、安倍、第二次安倍、福田、第二次福田、そして次の自民党政権で使い回す連中に、正当性なんぞありはしない。

 こんな連中が政権を握り続ける事こそ「政治的空白」を産む事になるのだ。
   
 違法に政権を占拠し続けるこやつらは、間違いなく「国賊」である。
 
 政治家として以前に、人として恥ずかしいと思うべきだろう。
 
 恥を知る感覚がなくなったこの政権与党は、完全に日本にとって「お荷物」である。
 
 政治の舞台から去れ。自民党。 去れ。公明党。
 
 
 次の自公連立政権による内閣がして良いのは、衆議院解散以外には無い。

 
                   
注)『当プログに対するコメント投稿上の注意

スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://athlon1hz.jugem.jp/trackback/990