スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「業務妨害」という大義名分の恐ろしさ 〜ネット犯行予告 警察取締〜

JUGEMテーマ:インターネット


◎ネット犯行予告300件 警視庁確認

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件を模倣するようにインターネットの掲示板へ殺人などの犯行を予告する書き込みが相次いでいる。秋葉原の事件を捜査する警視庁が確認しただけで200〜300件も見つかったという。いたずら感覚で書き込んでいるとみられるが、全国の警察は「悪質な犯罪」として書き込んだ人物約20人を逮捕するなど厳しい姿勢で臨んでいる。

 秋葉原の事件翌日の9日午前7時9分。「今から池袋行って100人殺す」。インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に殺人予告が書き込まれた。16分後には警視庁池袋署へ最初の通報があり、その後もメールなどで通報が相次いだ。

 「万一のことがあってはいけない」。池袋署は街頭警戒に当たる署員を増強。プロバイダー(接続業者)に協力を求めて契約状況を照会、数日で回答を得て浜松市に住む29歳の男を割り出し逮捕した。容疑は署の仕事を妨害した業務妨害。警察への業務妨害を適用する例は少ないが、秋葉原事件後、警察は積極的に立件を進めている。

 自分の携帯電話やパソコンから書き込まれている犯行予告も多いが、書き込んだ当事者すべてを特定し、摘発できるわけではない。

 警視庁のある捜査幹部は「プロバイダーから『個人情報』を理由に情報提供を断られることもある」と話す。総務省によると、全国に約2000のプロバイダーがあるとされるが、この幹部は「直接問い合わせられる窓口を把握している業者は30ぐらい」と漏らす。

産経新聞 平成20年6月28日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ


続きを読む >>

違法書き込み放置は「違法」 〜学校裏サイト管理人に賠償命令〜

JUGEMテーマ:インターネット


◎学校裏サイト管理人に賠償命令=「書き込み放置は違法」−大阪地裁

 インターネット上の「学校裏サイト」の掲示板に実名で誹謗(ひぼう)中傷を書き込まれ精神的苦痛を受けたとして、大阪市内の少女がサイト管理人の男性に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は23日、「書き込みを放置したのは違法」として、55万円の支払いを命じた。

 山下郁夫裁判長は「実名を公表された場合、現実の学校生活にも被害が及ぶことは容易に予想できた」と指摘。男性は書き込みを放置し、掲示板の管理義務に違反したと判断した。

 判決によると、少女が通っていた私立中学の裏サイト掲示板に2006年8月、少女の実名を挙げ「死ぬほどうざい」「ブス」などの悪口が書き込まれた。発見した学校側が9月に削除を要請したが、男性は応じなかった。 

時事通信 平成20年5月21日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ


当ブログに対する不可解なアクセスについて

JUGEMテーマ:インターネット


 最近になって不可解なアクセスが散見されます。
 
 「今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+」等の時事関連ブログによるリンクは本ブログの趣旨に合致し、かつそこで紹介される私のブログとそのURLが明示されている点で、閲覧者において「訳の分からないところに飛ばされる」という事が無い点で、私は掲載もリンクも黙認しております。
 
 しかしながら株取引や健康食品、その他HP素材系ホームページ等と私のこのブログの内容は一切関係無い上に、私の記事が紹介されている訳でもないのにそれらホームページから私のブログに飛ばされてきていると見られるアクセスが少なからず見受けられます。
 
 私はこのブログは商売の種にしようと思った事は一切無く、その様な趣旨に合わないホームページの管理人との意思の疎通を図った事はありませんし、彼らによるリンクは認めておりません。
 
 また、私の言論活動はこのブログとミクシィに限られております
 
 従って、そのホームページと私および私のブログとは一切関係がありませんので、私のブログの内容を信頼してそのホームページに掲載されているサービスを利用しようとお考えなのであれば、当該ホームページ運営者および管理者に健全な意思は認められませんので、おやめください
 
 万が一そのホームページのサービスを利用して被害を受けたとしも私は一切責任を負えませんので、悪しからず
 
 

 平成20年4月28日(月) あすろん1へるつ 
 
 
  
注)『当ブログの投稿ポリシー