スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

枝野「安全デマ」男の言う「大言壮語」

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 尖閣侵略なら自衛権行使 枝野氏「あらゆる犠牲払う」

 枝野幸男官房長官は10日の参院沖縄北方対策特別委員会で、日本が実効支配している沖縄県・尖閣諸島について「わが国が有効に支配している。他国が侵略してきたら、あらゆる犠牲を払ってでも自衛権を行使し、これを排除する」と述べ、自衛隊出動を含め実力行使も辞さない考えを示した。江口克彦氏(みんなの党)に対する答弁。

 その上で「他の2つ(北方領土や竹島の問題)とは違っていると十分に認識してほしい」とも述べた。

 昨年9月の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で菅政権の対応が批判されたことを踏まえ、領土問題で厳しい姿勢を示したとみられる。

 ただ、政府は6月14日の閣議で、漁船衝突事件をめぐり、漁船船長が香港紙の単独インタビューで「相手がぶつかってきた」などと主張したことに関し、「(反論するための)意見広告を出すことは考えていない」とする答弁書を閣議決定している。

 枝野氏は3月に中国の漁業監視船が尖閣沖約90キロを徘徊(はいかい)した際には「外交ルートを通じて、申し入れを行った。しっかりと関係省庁の緊密な連携強化のもと、必要な警戒、監視を行うつもりだ」と述べていた。

産経新聞 平成23年8月11日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします




続きを読む >>

「デマ男」の言う「譲歩」

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 子ども手当廃止「譲歩やむを得ず」と枝野氏

 枝野幸男官房長官は4日の記者会見で、民主、自民、公明の3党が子ども手当の廃止、児童手当の復活で合意したことについて「独裁政権でなければ、自分たちがベストと思う政策を実行できない。議会の了解がないと政策は遂行できず、一定の譲歩はやむを得ない。内閣としては合意に従いたい」と述べた。

 一方、与党が早期成立を目指す公債発行特例法案が今国会中に成立しなかった場合の国民生活に与える影響について「公共事業以外の行政執行がいずれ段階的に止まっていく。野党も協力いただけると思う」と述べ、自民、公明両党を牽制した。

産経新聞 平成23年8月4日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





責任転嫁で泥を小沢にかぶせてきた人の世迷い言

JUGEMテーマ:ニュース


◎ <民主党>安住国対委員長「首長は泥をかぶらない」

 民主党の安住淳国対委員長は30日、テレビ東京の番組で、東日本大震災の復旧・復興に関連して「『県知事は頑張っている』と言うが(国政と)仕組みが違う。地方自治体の首長はご都合がいい。増税は国に任せ、自分たちは立派なことを言うが泥はかぶらない仕組みは何とかしないとならない」と述べた。

 安住氏の地元は宮城県石巻市。安住氏は菅直人首相の政権運営を批判してきた経緯があるが「地元では『ハエが大きくなったのもお前のせいだ』と言われることもある。被災者のストレスが私に来て、私のストレスが首相に行く。みんな首相が悪いというのは首相もかわいそうだ」と語った。【横田愛】
 
毎日新聞 平成23年7月30日 より全文引用
 
 
 
意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





続きを読む >>