スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本滅亡 〜「未曾有祭り」の後〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ <福島原発>警戒区域内の津波、最大21.1メートルにも


 東京電力福島第1原発から半径20キロの警戒区域内で、東日本大震災の津波が最大で高さ21.1メートルに達していたことが、東京大の佐藤慎司教授(海岸工学)の研究チームと福島県の現地調査で明らかになった。震災後、太平洋岸各地で研究者らによる津波の痕跡調査が進められていたが、警戒区域は立ち入りが制限されているため、調査の空白地帯となっていた。

 チームは2月6、7の両日、被ばく低減用の防護服などを着用し、南相馬市から楢葉町にかけた長さ約40キロの沿岸部28地点で、窓ガラスや屋根の瓦などに残った津波の痕跡を調べた。その結果、第1原発と第2原発に挟まれた富岡町小浜で21.1メートルを記録したほか、双葉町で16.5メートル、浪江町で15.5メートル、南相馬市と大熊町では12.2メートルに達し、計16地点で10メートルを超えた。東電はこれまで双葉町と大熊町にまたがる第1原発に達した津波の高さを14〜15メートルと推定していた。

 警戒区域を除く福島県沿岸部で津波の高さが10メートルを超えた地点は少なく、第1、第2原発が県内でも高い津波に襲われた地域に立地していたことを改めて示す結果となった。

 警戒区域で波が高くなった理由について、佐藤教授は「海岸が丸く海にせり出しているため、波が集まりやすくなった可能性がある」と話している。【比嘉洋】
 

毎日新聞 平成24年3月18日 より全文引用 
 
 
意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



続きを読む >>

感情論は健康を担保するか? 〜SAに捨てられる福島の産物〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 福島近郊のSAで福島の銘菓、野菜、米など大量に捨てられる

 新聞・テレビにあふれる悲劇や美談だけでは大震災の真実は語れない。真の復興のためには、目を背けたくなる醜悪な人間の性にも目を向けなければならない。福島県内およびその近くでの出来事もその一つだ。

 心底、嫌悪と怒りがこみ上げる話である。被災地選出の国会議員が、やりきれない悔しさを込めて語った。

「福島近郊にある高速道路のサービスエリアで、地元の銘菓や食品類が大量に捨てられている。おそらく、県外の住民が福島で地元の人からもらったお土産を捨てているのだろう。訪ねてくれた御礼に被災者たちが用意したものだったはず。風評被害というには、あまりにも悲しすぎる」

 福島県内の高速を回ると、残念なことにそれが事実であることは簡単にわかった。磐越自動車道・阿武隈高原SA(サービスエリア)の女性清掃職員が証言する。

「確かに、よくお菓子が捨てられています。福島のおまんじゅうだとか、封を切らないお菓子の箱だとか。もったいないなと思ってましたよ。それと野菜も多い。ごみ袋を片づける時に、いつもよりずっと重いからすぐわかるんです。ああ、またかって。じゃがいも、大根、椎茸、りんご。ビニール袋に入っていたり、大根は新聞紙に包んであったり、いかにも実家で分けてもらったという状態のまま、ごみ箱に投げ込まれています。

 息子が福島に住んでいるからわかるんです。嫁は県内産の野菜を食べなくなった。だから、野菜を持たせても、どうすんだかなって思ったりするんですよ」

 福島から外へ出ると、さらに状況は深刻になる。

 東北道を福島県郡山市から東京方面に上り、栃木県に入った黒磯PA(パーキングエリア)の清掃担当職員の証言だ。

「お菓子の箱が捨ててあることが多い。震災前は、箱詰めのまま捨てられているなんてありませんでした。今年になってからも、福島銘菓の『ゆべし』や『薄皮まんじゅう』が捨ててありました。『ゆべし』2箱が、ごみ箱の口が小さいからか、ごみ箱の前に置かれていましたね。ほかに多いのはビニール袋に入った野菜、それとお米も。3キロぐらいの量が、レジ袋を3重にした中に入れて、そのまま捨てられていました」

 同じく栃木県内の上河内SAでは、「放射能への不安から捨てられている物が多いという話は、職員同士でも話題だった」という清掃担当職員たちが、次々に目撃談を話した。

「椎茸から基準値超えのセシウムが検出されたってニュースの時には、椎茸が大量に捨てられていた」

「つい2日ほど前にはモチ米が詰まった2リットルのペットボトルが捨てられていた」

 特に帰省の多かった年末年始に、そうした光景が目立ったという。風評被害をめぐっては、福島の産業への打撃だけでなく、福島出身者への差別も根強く残っている。福島から山梨県内に避難してきた子供に対し、近隣住民から「遊ばせるのを自粛してほしい」との声が上がり、保育園からは「原発に対する不安が他の保護者から出た場合、対応できない」という理由で入園を断わられたという深刻な人権被害を3月2日に甲府地方法務局が公表している。

 こんな酷い二次被害を少しでも減らすために何度でも書くが、福島県で売られている農水産物で健康に害があるとされる物は一つもない。大規模な調査により、県民の内部被曝も年間許容量(1ミリシーベルト)の2%程度という結果が出ている。科学的根拠もなく、危険を煽るエセ学者や市民団体などは、それでもまだ被災者をイジメ続けるのか。

※週刊ポスト2012年3月23日号 
 
NEWSポストセブン 平成24年3月23日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



「がれき受け入れ」に見る「絆」という言葉のいかがわしさ

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 橋下大阪市長ウォッチ

がれき受け入れ要請の首相を高評価 「すごい覚悟持たれた決断」


 橋下徹大阪市長は2012年3月12日、被災地のがれき処理をめぐる野田佳彦首相の発表内容について、「すごい覚悟持たれた決断」と高く評価した。市役所で語った。橋下市長はがれき受け入れに前向きな姿勢を示している。

 野田首相は3月11日、災害廃棄物処理特別措置法に基づき、被災3県を除く都道府県にがれき受け入れを要請する考えを示した。
 
 
議員の反対に「絆と言っていたのは何だったのか」

 橋下市長はがれき受け入れを前向きに検討している。しかし、2月下旬にあった市議会の関係委員会では議員らから慎重な意見が相次ぎ、橋下市長は「震災直後に絆とか支え合いと言っていたのは何だったのか」と訴えていた。

 がれき処理は、まだ全体の6%程度しか進んでいないとされる。受け入れを表明する首長がいても、安全性に不安を訴える住民らの強い反対に合い頓挫した例もある。

 橋下市長は3月12日、国が枠組みをつくればがれき処理問題は進展するとの考えを示し、「大いに期待している」と話した。

 3月12日には、福岡県の北九州市議会が、がれき受け入れを市に求める決議を全会一致で可決している。

J−CASTニュース 平成24年3月12日 より全文引用



意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします






続きを読む >>