スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ほくそ笑む読売? 或いは 闘う嘉田?

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 「小沢新党」にならない仕組み埋め込む…嘉田氏

 衆院選(12月4日公示―16日投開票)で、「第3極」のうち脱原発を掲げる勢力が結集する「日本にっぽん未来の党」は28日、政党の設立を総務相に届け出た。

 代表に就任する滋賀県の嘉田由紀子知事は12月2日に記者会見し、同党の公認候補や役員人事を発表する。100人規模の公認候補擁立を目指す。

 嘉田氏は28日、大津市で記者団に対し、公認候補者数について「今のところ73〜74人と理解している」と語った。

 嘉田氏は近く上京し、未来の党に合流する「国民の生活が第一」の小沢一郎代表と会談、今後の党運営について協議する。

 未来の党を巡っては、自民党などが「実態は小沢新党だ」と批判している。これに対し、嘉田氏は28日、「そうならないように、女性や若者などの声を反映できるような仕組みを党の中に埋め込んでいきたい」と記者団に強調した。小沢氏は未来の党の役員には就かない見通しだ。
 
 
読売新聞 平成24年11月28日 より全文引用




◎ 「言われる筋合いない」 「小沢新党」批判で嘉田氏

 卒原発を掲げる「日本未来の党」が発足したことを受け、党首となる滋賀県の嘉田由紀子知事は28日夕、大津市内で「大変重い責任があり、身が引き締まる思い」と述べ、候補者擁立を急ぐ考えを示した。「小沢新党」と他党から批判された点については「外から言われる筋合いはない」と切り捨てた。

 党役員人事での小沢氏の処遇については、「今までのご経験は尊重させていただかないといけない。小沢さんの良い部分を発揮していただけるような形でこれから議論したい」と述べた。「プラスかマイナスか」との問いには、「そういう短絡的な話ではない」と語気を強めた。

 原発政策では、関西電力大飯原発以外の再稼働については、「新しい安全基準ができない今の段階での再稼働はあり得ない」と認めない考えを示した。


京都新聞 平成24年11月28日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします




続きを読む >>

真に闘ったことのない政治集団が「取り戻し」たいもの

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 「選挙情勢に影響なし」=小沢氏無罪に淡々−与野党【12衆院選】


 資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で強制起訴された国民の生活が第一の小沢一郎代表の無罪が19日、検察官役の指定弁護士の上告断念で確定した。裁判の負担から解放され、小沢氏は衆院選での党勢拡大に全力を挙げる方針。ただ、小沢氏が民主党の実力者から野党党首に立場を転じたこともあり、無罪確定が選挙情勢に与える影響はほとんどないとの見方が大半だ。
 
 生活からは「本当に良かった」(若手)と無罪確定を歓迎する声が上がった。かつて小沢氏に近かった民主党中堅は「最初から冤罪(えんざい)だった」と語る一方、「これで小沢氏に勢いが出るということはない。選挙への影響もない」と淡々と分析した。
 
 衆院選で「第三極」勢力の結集を目指す小沢氏は、反消費増税、脱原発などを掲げ支持を訴える考えだが、第三極の「核」となる日本維新の会の石原慎太郎代表は、小沢氏との連携に否定的だ。小沢氏自身、民主党を除籍(除名)され、生活を旗揚げして以降、存在感を発揮する場面も少ないのが現実。生活のある前衆院議員は「裁判で悪いイメージが残り、損害があまりに大きい。検察は責任を明らかにしてほしい」と、検察に怒りの矛先を向けた。
 
 一方、自民党の石破茂幹事長は都内で記者団に「法的には無罪であっても政治倫理綱領に照らしてどうなのか」と語り、小沢氏に説明責任を果たすよう重ねて求めた。公明党幹部は「これで小沢氏の無罪が証明されたわけではない」と突き放した。
 
時事通信 平成24年11月19日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



続きを読む >>