スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

IMFという名の仮装パーティーが日本を滅ぼす

JUGEMテーマ:ニュース


◎ IMF 消費税率引き上げ提言


 IMF=国際通貨基金は、日本経済に関する年次報告書を発表し、来年度・2011年度から消費税率の段階的な引き上げを行うことなどによって、財政健全化を急ぐべきだと提言しました。


 この中で、IMFは、ギリシャの財政危機に端を発したヨーロッパの信用不安などを受けて、日本がこれまで以上に財政健全化を急ぐべきだとしています。そのためには、来年度から消費税率を段階的に引き上げ、歳入を増やすことが考えられるとしたうえで、具体的には「税率を15%にまで引き上げれば、GDP=国内総生産の4%から5%分の歳入の増加につながる」としています。
 
 その一方で、経済成長を妨げることがないよう、法人税率については引き下げるべきだとしています。
 
 IMFは、ことし5月に発表した各国の財政状況を分析した報告書でも、消費税率を10%に引き上げた場合の試算を示したうえで、日本に対し、来年度から財政健全化を実施すべきだと提言しています。
 
 さきの参議院選挙などを通じて、日本国内で消費税率の引き上げをめぐる議論が続くなか、IMFとして、日本に財政再建を急ぐよう、あらためて促すねらいがあるものとみられます。

NHK 平成22年7月15日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします





続きを読む >>

亀(井)の功 〜報酬1億円以上は200人余〜

JUGEMテーマ:ニュース


◎ 報酬1億円以上は200人余


 東京証券取引所の1部に上場している企業が初めて公表した、1億円以上の報酬を得た役員は200人余りに上ることが、民間の信用調査会社のまとめでわかりました。


 金融庁は、ことし3月期の決算から、上場企業に対して1億円以上の報酬を得た役員の名前やその額を有価証券報告書で開示することを義務づけています。
 
 民間の調査会社「東京商工リサーチ」が、先月30日までに有価証券報告書を提出した、東証1部に上場している3月期決算の企業1300社余りを調べたところ、1億円以上の報酬を得た役員は113社で213人に上っています。
 
 このうち、金額が最も多いのは日産自動車のカルロス・ゴーン社長が8億9100万円、次いで大日本印刷の北島義俊社長が7億8700万円、武田薬品工業のアラン・マッケンジー元取締役の5億5300万円などとなっています。
 
 役員報酬の開示について、株主の間からは、業績や配当に見合った報酬が支払われたかどうかチェックできるとして、前向きに受け止める声が聞かれました。
 
 一方で、経済界からは、開示の必要性や、1億円という基準が適切かどうかを疑問視する声も出ており、その是非をめぐって意見が分かれています。

NHK 平成22年7月3日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



経済戦争のまっただ中に居てウブ(馬鹿)な日本

JUGEMテーマ:ニュース


◎<中国>人民元切り上げへ 対ドル固定解除


【北京・浦松丈二】中国人民銀行(中央銀行)は19日、人民元の為替レートの「弾力性を高める」と発表した。人民元レートは08年夏から対ドルで事実上固定されていたが、週明けの21日から切り上げを再開する方針とみられる。26日からカナダ・トロントで開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前に、人民元改革に取り組む姿勢を示し、外交交渉を有利に運ぶ狙いがありそうだ。

 弾力性を高める具体的な方法について、人民銀報道官は「05年7月に発表した変動幅を継続し、人民元レートの管理、調整を実施する」としている。当時採用した1日当たりの変動幅(基準値の上下0.5%以内)は、対ドル固定で機能を止めていたが、事実上運用を再開し、緩やかに切り上げていく見通しだ。

 人民元問題を巡っては、米議会などが「安い中国製品が米国の雇用を奪っている」などと強硬に切り上げを求め、中国側は「外圧の下では人民元の為替制度改革を進めない」(胡錦濤国家主席)と強く反発してきた。

 人民元相場は05年7月の為替改革以降、08年7月までに約21%上昇。国際金融危機の深刻化を受けて、08年夏以降は輸出企業への影響を考慮して1ドル=約6.83元でほぼ固定してきた。

 人民銀の発表を受け、ガイトナー米財務長官は19日、「為替レートの柔軟性を高める中国の決定を歓迎する」と表明。野田佳彦財務相も同日「世界経済の安定と均衡ある成長に貢献することを期待する」とのコメントを発表した。

毎日新聞 平成22年6月19日 より全文引用


意図せずしてこのブログに来た方へ

警告!

☆更新は不定期な為「RSSリーダー」への登録をお薦めいたします



続きを読む >>